体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ外国人は、タイムラプス動画のロケ地に「TOKYO」を選ぶのか?

「一つひとつが持っている字の意味が合わさって、新たな言葉が作られるところが魅力です。例えば、寺で日の光を見ていると『時』になったり、女性が家(屋根の下)にいると『安らぎ』になったり。そうしたところに日本文化が垣間見えるのが面白いですね」

漢字の魅力についてそう話すのは、アメリカ人のJustin Tierneyさん。マイブームは雅楽で、自分で蕎麦を打ってしまうほど日本食好きな彼もまた、「TOKYO」を舞台とするタイムラプス動画の撮影者のひとりだ。

ネオン輝く
眠らない街、東京を記録

ゆりかもめから始まり、新宿、渋谷、東京駅へ──。『Tokyo Aglow』は、いわゆる定番をしっかりおさえつつも、自動車からの視点を織り交ぜるなどオリジナリティーが発揮された作品に仕上がっている。
なぜ外国人は、タイムラプス動画のロケ地に「TOKYO」を選ぶのか?
なぜ外国人は、タイムラプス動画のロケ地に「TOKYO」を選ぶのか?
なぜ外国人は、タイムラプス動画のロケ地に「TOKYO」を選ぶのか?
なぜ外国人は、タイムラプス動画のロケ地に「TOKYO」を選ぶのか?

ちなみに、「Aglow」とは「キラキラと輝く」の意。眠らない街、東京の姿がそこに。
なぜ外国人は、タイムラプス動画のロケ地に「TOKYO」を選ぶのか?
なぜ外国人は、タイムラプス動画のロケ地に「TOKYO」を選ぶのか?

ところで最近、この『Tokyo Aglow』以外にも、外国人が撮影した東京をテーマとするタイムラプス動画をよく見かけないだろうか?

「TOKYOでは、
撮影に集中できる」

なぜ外国人は、タイムラプス動画のロケ地に「TOKYO」を選ぶのか?

そもそもタイムラプスとは、何枚もの静止画をつなげて動画にしたもの。数秒に一回シャッターが切れるようカメラを設定し、5〜10時間をかけて撮影したものが、最終的に10〜20秒のタイムラプス作品になるのだそう。

その間、ミリ単位でもカメラが動いてしまうと、すべてが水の泡に。
なぜ外国人は、タイムラプス動画のロケ地に「TOKYO」を選ぶのか?

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy