体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.13 RIKI HIDAKA × オカモトレイジ

reijiriki1

 

OKAMOTO’Sのメンバーが友人はもちろん、憧れのアーティストなどをゲストに迎える対談企画第13弾は、オカモトレイジが愛してやまないミュージシャンRIKI HIDAKAが登場。NY に拠点を移して活動しているRIKIとの久々の逢瀬に、親衛隊を自負するレイジのテンションもMAX。なるべくして友人になったという二人の出会いから音楽についてまでをお送りします。

 

―—今回、ツアーでいろんな地方に行ったのはライヴをたくさんやりたかったから?

ヒダカ「そう。いままではあんまりライヴはやりたくなかったんだけど、今回のアルバムは初めてちゃんと人に伝えたいというマインドになって。それもあって神鳥(孝昭/広島のSTEREO RECORDS代表)さんに相談したら、ツアーを組んでくれて」

レイジ「『不良たちの描いた夢は』を聴いてヒダカのマインドの変化を感じました。あの曲、ものすごくいいよね。好きすぎて、自分が出演させてもらったフジテレビのドラマ(『SHIBUYA零丁目』)で使わせてもらって。しかも、ドラマのなかであの曲が流れるタイミングがヤバくて。EDMがガンガンかかってるクラブに俺と池田エライザちゃんが乱入して、最初にシーナ&ザ・ロケッツの『涙のハイウェイ』をかけて、その後に『不良たちの描いた夢は』をかける」

ヒダカ「最高だね。(笑)本当にうれしい。アルバムの2LPも出すよ。クソいいよ。よりよくなってる」

レイジ「ヤバいね。楽しみ」

ヒダカ「今回のアルバムは途中まで作ってた曲がいくつかあったんだけど、年末にヤンのフリーソロアルバム(『Blue Angels of Santa Monica』)を聴いて、このままじゃダメだと思って全部作り直して」

reijiriki2

——曲自体はニューヨークでずっと作り続けてるの?

ヒダカ「向こうに行ってからずっと作ってる。今年の7月で2年になるんですけど」

レイジ「あっという間だね」

ヒダカ「うん、早い。最初はずっとやる気がなくて、部屋でギターを弾いてるくらいだったんだけど」

レイジ「じつは、2年前の6月に一緒にニューヨークに行って“レッド&パープル”っていうグループを組んでライヴをしまくろうという計画があったんですよ。当時、ヒダカの髪色が紫色で、俺の髪は真っ赤だったから」

ヒダカ「そう。結局、俺のパスポートの申請が遅れて実現しなかったんだけど」

——でも、ヒダカはそもそもニューヨークに憧れがあって行ったわけじゃないんだよね。

ヒダカ「そう。どちらかというと、当時は東京がイヤになってたから。ニューヨークにちょうど仕事もあったし、ラッキーみたいな感じで。でも、実際に行ったら行ったで、いいライヴが観れたりもするし、おもしろいと思うことがあって」

レイジ「ここ1年でいいライヴはあった?」

ヒダカ「ダイナソーJrでしょ。あと、ニール・ヤングもよかったし、テレヴィジョンもヤバかった。あと、マーク・リボーっていうギタリストが超好きで、その人らの演奏をよく観に行ってる。去年、プルプルしながらヴィレッジ・ヴァンガードの楽屋にヤンと作った12インチをマーク・リボーに渡しに行ったりして」

——そういう出来事もあったんだね。

ヒダカ「そう。だけど、自分のライヴは知り合いのカフェで1回しかやってなくて。CDをどこかに持って行ったりすることもなく」

レイジ「でも、どこかのアパレルブランドのPR映像にヤンとヒダカの楽曲が使われてたよね?」

ヒダカ「ああ、なんだっけ、それ? フランスのブランド。ああ、カルヴェン(CARVEN)だ」

レイジ「ブランドのPR映像をYouTubeで観ていたら、ヤンとヒダカの曲(『Oh,Lord(NO TOKYO)』/CARVEN Menswear・2016SS)が流れていて。どういう経緯でそうなったのか全くわからなかった」

ヒダカ「その映像を作ってるやつがヤンの幼なじみで。パリにいるアントン(・ビアラス)って人で。その人が映像を作ってるときに、ヤンが曲を聴かせたら『それいいね』ってなったらしくて」

1 2 3 4 5 6次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。