ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リンゴに罵声を浴びせたり、褒めちぎったりする授業。そこには深いワケが・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イギリスのとある先生がFacebookで紹介した、2つのリンゴを使った授業が話題になっています。いったい、どんな内容だったのでしょうか。

片方のリンゴには
悪口を

先生は教壇に立つと、ふたつのリンゴを取り出しました。そして突然、その片方に罵詈雑言を浴びせ始めたのです。「色が悪いし、まずそうだし、茎が短いし、こんなリンゴは大嫌いだ」と。ひとしきりリンゴを罵ったあと、生徒たちにも同じことをするように言いました。

子供たちは戸惑いながらも、リンゴに心ない言葉を浴びせては、後ろの席に手渡していきました。

もう片方には
綺麗な言葉を

先生はもうひとつのリンゴを手にして言いました。「こっちには、綺麗な言葉をかけてあげましょう」。そして同じようにリンゴは教室を一周しました。

さっきと違うのは、全員がリンゴを褒めちぎったことです。

そして、ふたつのリンゴを
切ってみると…

罵られたリンゴと、褒められたリンゴ。

先生はナイフを取り出し、2つのリンゴを半分に切りました。すると、褒められたリンゴは中身が綺麗なのに、罵られたリンゴはぐちゃぐちゃになっていたのです。

言葉の暴力は
静かに心を傷つける

じつは先生は子供達に「いじめの恐ろしさ」を教えるため、片方のリンゴを事前に何度も落とし、痛めておいたそうです。

子供達は、直感的に先生が伝えたかったことを理解したようでした。いじめられている子は、外から見ると平気に見えるかもしれない。でも心の中はぐちゃぐちゃになるほど傷ついているのだ、と。

言葉の暴力が与えるダメージは、外から見ているだけでは、わからないのです。

Facebook上でも、さまざまな感想が集まっていました。

「今の世界を生きる若い世代にとって、とても大切なメッセージだと思う。子供だけじゃなくて、親にも知って欲しいな」

「子供たちは絶対にこの授業を忘れないと思う」

「私もいじめられていたけど、誰にも言えませんでした。このボロボロになったリンゴは、私そのものです」

Licensed material used with permission by Relax Kids Tamworth

関連記事リンク(外部サイト)

【パパ共感!】息子が生まれたら、絶対に伝えたい「10のコト」
30歳が近づいている。そんなあなたにこそ読んで欲しい「15のこと」
せんせ〜!絵が上手すぎると思います(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP