ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この浮き輪ほしい。アメリカで話題の「Pizzafloat」に乗り遅れるな!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカンピザ発祥の地NYには、各ブロック各コーナーにそれこそ星の数ほどのピザジョイント(いわゆるピザスタンド)がある。ラーメンブームに沸くとはいえ、そこはやっぱりソウルフードの座は譲れない。NYスタイルといえば「スライス」。ナポリ風は「丸い」まま、四角い型に入れて焼き上げる「スクエア」もいい。

同じようでいて店ごとに違う味くらべは、バックパッカー風情でマンハッタンに迷い込んだ、学生時代の大切な私の思い出であり、れっきとしたNYの楽しみ方のひとつだ。

試して欲しいのは、やっぱり王道のペパロニやチーズだけのプレーンなスライス。ニューヨーカーのピザに対する情熱が、これでもか!とばかりに伝わってくるだろう。

いや、ちょっと待って。もしかしたら全アメリカ人の“ピザ愛”なら、こっちの方がストレートかも。

ピザで浮くって……、どう?

もう、この写真を見れば何も説明する必要なし。最近のアメリカ人は、大好きなピザに「浮く」のである。全長6フィート(約182センチ)の巨大ピザスライスの上にプカプカ浮かぶ。これがこの夏大人気となっている、水辺のレジャーツールだという。

なぜ、浮き輪がピザでなければいけないのか?こんなギモン自体が無用。なぜってそういう国だから。それにほら、みなすごく楽しそう。

hilaryanneさん(@hilaryanne)が投稿した写真 – 2016 7月 4 2:55午後 PDT

LD [Lisa Dawn] Thompsonさん(@ldizzler)が投稿した写真 – 2016 7月 7 6:35午後 PDT

ピザの上でピザを食す、まさに生粋のピザラバー!

Floats On Fleekさん(@floatsonfleek)が投稿した写真 – 2016 7月 6 5:43午前 PDT

開発メーカー「BIG MOUTH」の説明書きによると、膨らませたピザの両サイドにあるフック(彼らはこれをなぜか「アンチョビ」と形容する)をつなぎ合わせることで、1枚のホールピザが完成する。ちょうどこんな感じに。

giovanni maniscalcoさん(@moodyscalco)が投稿した写真 – 2016 7月 5 6:35午後 PDT

特大ピザスライスの上にわが身をトッピングして、優雅にアメリカを体感してみてはいかがだろう?水辺の主役になること間違いなし。商品名で検索すればAmazonにて、並行輸入品ながら、12,000円代から購入が可能だ。

Reference:hilaryanne,floatsonfleek,ldizzler,moodyscalco
Licensed material used with permission by melnach

関連記事リンク(外部サイト)

リア充の最高峰は間違いなくコレ!「#Pingpongpoolparty」が最高すぎる・・・
新しい都市の姿!?NY摩天楼に「キャンプ場」ができちゃうかも
水滴の中に閉じ込めた世界は、こんなにも美しかった

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP