ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アップル出身のエンジニアが開発!装着型のバックカメラ「RearVision」がいよいよリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ナンバープレート装着型バックカメラ「RearVision」自動車は、構造上、後方の死角が大きいため、安全確認を十分行わずに後退し、衝突事故を起こすケースが後を絶たない。

米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)では、後退事故により、米国で年平均210人が死亡し、15,000人が負傷していると推定。

この状況を改善するべく、2018年5月以降に製造される1万ポンド(4536キロ)以上の車両を対象に、後方確認のための“バックカメラ”の搭載を義務づけている。

・ナンバープレートに簡単に装着できるハイテクなバックカメラ

「Rearvision」の利用例アップル出身のエンジニアらが創設したスタートアップ企業「Pearl Automation(パール・オートメーション)」は、2016年6月、ナンバープレート装着型のバックカメラ「RearVision(レア・ビジョン)」を発表した。

「RearVision」は、広角の高解像度カメラ2台と、運転席の近くにあるOBDポートに差し込むアダプター、カメラが撮影する後方の映像をスマートフォンの画面に表示するスマホアプリで構成されている。

一般的な工具があれば、新旧問わず自動車のナンバープレートに数分で装着できるカメラは、付属のソーラーパネルで発電したエネルギーを動力とし、夜間でもクリアな視界を確保。

また、アダプターは、カメラとスマートフォンを連携させる役割を担うほか、障害物を検知したり、警告を発したりする機能を備えている。

・米国で先行発売をスタート

「Pearl Automation」では、2016年6月21日から、米国ユーザーのみを対象に、1台499.99ドル(約万348円)で「RearVision」の予約販売を開始した。

商品は、2016年9月以降、出荷される見通しだという。

Pearl

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。