ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上杉隆氏が都知事選出馬宣言「政治とカネの問題は皆無です」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「東京都知事選に出馬しようと思っているのは事実です。『東京を、必ず変える』というのがテーマです。7月12日に政治の師である鳩山邦夫さんのお別れの会を終えてから、出馬表明する予定です」

 そう語るのは、ジャーナリストの上杉隆氏(48)である。彼の名は、一部の政界関係者の間では取り沙汰されていたものの、出馬はあり得ないと思われていた。ところが、完全極秘のなかで出馬準備を進めていた。出馬会見を1週間後に控えた7月5日、本誌に決意を語った。

 上杉氏は、東京を地盤とする故鳩山邦夫氏の議員秘書を5年務めた後、ニューヨーク・タイムズ取材記者を経て、フリーのジャーナリストになった。その間、1999年には秘書として鳩山氏の都知事選出馬に携わり、その後は石原慎太郎・都知事をテーマに取材。2000年に『石原慎太郎「5人の参謀」』(小学館刊)を発表するなど、都政取材を続けてきた。

 その一方で、彼が前回の都知事選で細川護熙―小泉純一郎連合の仕掛け人だったことは、知る人ぞ知る話である。かくも都知事選との関わりが深いが、自らが出馬するとは驚きである。上杉氏が語る。

「一部の人にはすでに都知事選に出ようと考えていると伝えているんですが、みんな最初は笑うんですよ。冗談だと思って。で、そのあとに『『実際は誰が出るの?』って。確かに、かつて鳩山邦夫さんの都知事選に報道・広報担当秘書として関わり、前回の細川さん出馬に選対設置の仕掛人として関わりました。だから、今回もどこかの選対に入るんじゃないかとみんな勘繰るんですね。

『いや私が出るんです』って言うと、本当にびっくりされます。それでも、以前の秘書仲間たち、つまり選挙を実際に知る最強の部隊が応援してくれると言ってくれている。本当に心強いです」

 上杉氏の出馬準備は、一部関係者以外には極秘で進められてきた。本誌編集部は、数週間前から情報をキャッチし本人とも接触を重ねてきた。上杉氏はその間、選対の準備やポスター用、法定ビラの作成、各方面への根回しなどに水面下で動き回っていた。上杉氏が続ける。

「もちろん、無所属で出る以上、厳しい戦いになるのは分かっている。しかし、都知事選は何があるか分かりませんから。幸い私は政治家の経験も立候補の経験もないので、政治団体も持っていません。国会議員や元知事やかつての候補者のように『政治とカネ』の問題が出てくる可能性は皆無です。

 私は、母親が出産里帰りをしたため生まれこそ福岡なんですけど、1歳になる前からはずっと東京なんです。それは東京出身と言っていいらしい(笑い)。父親が腎臓病を患ってからは、都営アパートに住まわせてもらったり、東京都奨学金で高校を卒業したり、東京がなかったら、現在の私は絶対にいなかったんですよ。

 ジャーナリストになったとき、ニューヨーク・タイムズのボスらに、『ジャーナリズムで得たものはジャーナリズムで返せ』と教えられました。記者クラブ開放のために公益社団法人自由報道協会もつくって、多様性のある言論空間を作ってきた。そうしたことでもうジャーナリズムには十分お返ししたかなと。それで、今度は東京に恩返しをしたいと思ったんです」

 そんな上杉氏が公約に掲げるのは、五輪組織委員会の白紙改編と森喜朗会長の「名誉ある勇退」が一つ。また、本来東京都に入るはずの税金が地方に支払われていることを憂慮し、その税金を都民のために使うという。具体的には待機児童問題の解決等だ。上杉氏は「東京都を、必ず変える」と宣言し、政党の公認を得ることなくひとりで出馬する。

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

【関連記事】
舛添要一氏 「もちろん自費で」自宅を耐震リフォーム
立川談之助が桜井俊氏との「ちょいワル」メール交流を激白
結婚&妊娠の鈴木亜美独占告白「芸能人の相手はもういい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。