ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

森本毅郎 「番組がダメになれば消える、と腹を決めている」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月に喜寿を迎える森本毅郎(76)は、月曜日から金曜日まで、毎朝5時20分に東京・赤坂のTBSラジオに入り、6時半から始まるニュース情報番組『森本毅郎・スタンバイ!』に備える。

 新聞各紙に目を通し、スタッフと打ち合わせ、その日のトップニュースを決めていく。50歳のときにスタートしたこの番組は、首都圏で約20年間にわたり同時間帯の聴取率トップを走り続けている。

 1989年からスタートし、常に10%前後の視聴率を維持している『噂の!東京マガジン』(TBS系)も長寿番組となった。

「両番組とも数字(視聴率)は悪くないし、辞めるタイミングが難しい。だから、自分で線を引くのをやめて、『もうお前、用なしよ』と言われたら辞めればいいか、となった。

 一番嫌なのは、周りが『辞めろ』と言い出せなくなって、『こいつ、いつまで頑張っているんだ』と思われること。これまでそういう人をいっぱい見てきたからね。人は自分に甘いから。俺は未練たらしく残りたいとは思わない」

 四半世紀を超えても衰えない2つの番組だが、実は「老い」を感じて森本が自ら辞めた仕事もある。

「ナレーションの仕事が大好きで、NHK時代から正道のナレーションできちっと情報を伝えたいとやってきた。でも、語尾が自分の思うようなところに落ちなくなり、声も衰えたと感じて、3年ほど前から一切ナレーションの仕事は受けていません」

 プロデューサーから「衰えはまったく感じない」と請われても、森本は頑として引き返さなかった。

 これより前、60歳のときに、森本は講演会の仕事も打ち切っている。講演は実入りがよく、重きを置く文化人は少なくない。

「テーマを何パターンか決めて喋っていると楽に稼げちゃう。依頼を引き受けながらも、これは続けているとやばいな、と感じていたんです。帯番組があるから日帰りで地方にも行っていたけど、体のことを心配した女房から『もうやめたら』と言われたこともあって、以来、ぴたっとやめました」

 今後の仕事へのスタンスは明確だ。

「『若さの秘訣は仕事だね、死ぬまで続けたほうがいいよ』ってみんな言うんです。でも、自分の意に沿わないものにはもう手を出さない。現状の番組を粛々とこなして、それがダメになれば消える、と腹を決めているんです」

 森本は自身の美意識を崩さない人だ。後ろ指をさされる前に自らを戒め、偉ぶる姿を見せない。粋なのだ。

「最古参風になるのが嫌なんです。いつまでたっても、貫禄のない、ふらふらしているオヤジでいるほうが性に合っている。大御所になる気はさらさらないんです」

 そして、こうつけ加えた。

「目立たず、騒がず、ゆらゆらと漂う。これがもう最高に心地いいんです」

●撮影/初沢亜利 取材・文/一志治夫

※週刊ポスト2016年7月15日号

【関連記事】
フジ森本さやか 番組内で最も小倉智昭氏の心を掴む女子アナ
人気アナ調査 フジ森本さやか、テレ東森本智子は幹部ウケ◎
秋元才加と”お泊まり”撮られた広井王子と森本レオの関係

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP