ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

駅舎保存 ふるさと納税やクラウドファンディング活用も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 近年、日本中の様々な建造物の老朽化が問題となっている。今の時代のニーズに合わせた建て替えがすすんでいるが、鉄道の駅舎の場合、その建造物の歴史的意義だけでなく、地域住民の歴史と記憶を担う役割も持つことも多く、先日、建て替えが発表された原宿駅など保存を求める声も小さくない。フリーライターの小川裕夫氏が、様々な方法で試みられている駅舎保存についてリポートする。

 * * *
 6月8日、JR東日本は原宿駅の建て替え計画を発表した。

 原宿駅は一日に7万人以上の人たちが利用する。原宿駅は1日の乗車人数が多い割に、ホームやコンコースといった駅施設が貧弱だった。混雑が激しくなれば、利用者の安全確保は難しくなる。原宿駅の建て替えは、利用者の安全を名目としている。

 それだけだったら問題は起こらない。原宿駅が注目を集めたのは、大正13(1924)年に竣工した都内最古の木造駅舎だからだ。原宿駅舎はイギリス風の愛らしいデザインが人気で、原宿のシンボルとして長らく親しまれてきた。

 新駅舎が建設されたからといって、すぐに木造駅舎が取り壊されるというわけではないが、JR東日本が「木造駅舎を残すのか取り壊すのかは、未定」と発表したことやJR東日本が示した新駅舎のイメージ図があまりにも無機質だったことも相まって、鉄道ファンや地元住民から「木造駅舎が取り壊されるのではないか」という不安が広がった。

 近年、鉄道会社は歴史ある名駅舎を次々と葬り去っている。

 大正15(1926)年に竣工し、都内で2番目に古い木造駅舎だった国立駅も中央線の連続立体交差事業を名目に解体された。しかし国立市は、「国立駅舎は単なる鉄道を乗り降りする場所ではなく、市民のシンボル的な存在」と捉えて、市民とともに駅舎の保存運動を展開。国立市は保存・復原のためにJR東日本から駅舎を買い取った。

「国立駅舎の保存・復原の総工費は約9億6000万円。これら巨額の費用を市の一般財源から賄うことに市民の理解は得られません。国立駅舎の保存・復原は都市再生事業の指定を受け、”まちづくり交付金”がおりることになったのです。不足分は基金とふるさと納税で賄い、平成32(2020)年までに駅隣接地に駅舎を復原する計画です」(東京都国立市国立駅周辺整備課)

 原宿駅や国立駅といった、文化財として価値の高い名駅舎といえども老朽化には抗えない。時代とともに耐震や防火の基準は厳しくなり、バリアフリーといった新しい概念まで加わる。だから昔の面影を残す名駅舎が、環境の変わった現代で生き残ることは難しい。

 なにより、名駅舎が生き残るのにもっとも高いハードルが、経済性だ。近年、利用者の多い駅は、食事や買い物ができる駅ナカをつくったり、ホテルを併設したりするなど、稼ぐことに余念がない。実際、新しい国立駅にはJR東日本系のショッピングモール「nonowa」が隣接し、コンコースから直結する専用改札まで設置されている。新時代の駅は、交通施設というよりも集客施設という趣が強い。利用者も駅舎のデザインより、駅の中にカフェやスーパーなどがあった方がいいと利便性を重視する傾向が強くなっている。

 駅に求められる役割が変わる中、東京駅は名駅舎として復原された稀有な例ともいえる。明治の大建築家・辰野金吾がデザインした東京駅丸の内駅舎は、その見た目から”赤レンガ駅舎”と呼ばれてきた。駅舎の象徴だった丸型ドーム屋根は戦災で焼失し、戦後復興時に仮復旧として八角屋根で再建されたが、元の丸型ドーム姿に戻されぬままだった。

 平成24(2012)年、ようやく東京駅の丸型ドーム屋根は復原されたが、これらの工費500億円は空中権を売却して捻出された。空中権とは、使わなかった容積率分を周辺のビルなどに販売できる権利のこと。高層建築ではなかったことが幸いした。

 駅舎の保存運動が起きるのは、現役の路線だけとは限らない。廃線路線でも声は挙がる。20年以上前に廃線になった北海道の深名(しんめい)線は、深川市と名寄(なよろ)市を結ぶために深名線と名づけられた。赤字路線ではあったものの、代替交通がないという理由から国鉄時代は廃止を免れた。しかし、平成7(1995)年に力尽きた。そしてJR北海道は駅舎の解体費用を節約するため、沼牛(ぬまうし)駅を幌加内町に売却。幌加内町も町民に譲渡して、沼牛駅は近隣住民が倉庫として管理していた。

 そんな折、幌加内(ほろかない)町役場に勤める飯沼剛史さんは「過疎化している街を何とか盛り上げたい」と考え、「おかえり沼牛駅実行委員会」を結成。昨年、深名線廃線20周年のイベントを開催した。すると、人口約1600人の町へ鉄道ファンを中心に町外から800人も集まり大盛況となった。このイベントを開催したことで、飯沼さんは「駅舎は街の財産である」ことを確信。駅舎を活用する道を模索した。

 しかし、深名線沿線は北海道でも有数の豪雪地帯にあるため、沼牛駅舎はあちこちが傷んでいた。地域資源として活かそうにも、まず駅舎の補修をしなければならない。沼牛駅の補修費用は、最低限の部分補修でも150万。すべてを補修すると400万円かかる。小さな町でその予算を捻出することは難しかった。そこで、飯沼さんたちはクラウドファンディング「READY FOR」で「築87年の木造駅舎保存プロジェクト」の資金を調達に取り組んでいる。

 地域に親しまれてきた駅舎は人々の記憶に刻み込まれる。そうした思い出を大切にしようという気持ちは重要だ。また、歴史的な観点から考えても、後世に残す必要性もあるだろう。

 しかし、駅舎保存は綺麗事だけで完結しない。”金”という現実がついて回る。

 現実と理想の間に揺られながら、どうにか駅舎を残そうとする人たち。建造物だけでなく、そうした人たちと運動そのものも、後世に伝えていかなければならないだろう。

【関連記事】
「旧駅舎残して」原宿駅建て替え問題 地元住民の声
駅舎リニューアル決定の原宿に馳せる小泉今日子の思い
東京駅を原型に戻す復原工事で駅舎内の延べ床面積は2倍超に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP