ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『千日の瑠璃』18日目——私は月だ。(丸山健二小説連載)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

私は月だ。

うつせみ山とまほろ町を照らし、うたかた湖とあやまち川に映って揺れる、ふくよかで、清鮮な月だ。私は久遠の時の流れに沿ってどこまでも滑って行き、さかしらな流星群を牽制し、病人や年老いた者を侮って冷淡に扱いたがる連中の心を和らげ、年頃の娘たちが幸福へ向けて放っ、得もいわれぬ芳香を一段と強めてやり、人々の変り映えしない営みを暖かく見守る。

私を敬して遠ざけようとする者はいない。それでも、私の手に余る者がふたりほどいる。ひとりは、この界隈ではあまり見掛けない、長身で細面の青年。もうひとりは、すでにお馴染みの少年世一。ただ者ではないふたりは今、ぱったりと人気の絶えた湖岸の細道を、思い思いにぶらついている。私のほうは、夜気を防ぐ厚い革ジャンパーや法律を跳ね返す刺青をものともせず、相手の寒風吹きすさぶ胸のうちを見通しているのに、その青年は私には眼もくれない。そして世一はというと、頼みもしないのにひっきりなしにこっちへ眼を向け、私が隠しておきたい裏側まで見て取ろうとする。けれども世一は、私と他の星々を区別も差別もせず、また、双方を同一視することもない。

ふたりは私の真下ですれ違う。青年が「見たくもねえ」と言ったのは、きっと世一のことだ。世一が「殺しても生きる」と呟いたのは、たぶんそのやくざ者のことだろう。
(10・18・火)

丸山健二×ガジェット通信

カテゴリー : エンタメ タグ :
丸山健二の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://marukuen.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。