体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

暗闇で光に反射。あのリフレクターが「スプレー缶」になった!

12月の平均日照時間がわずかに6時間半ほどしかない、北欧スウェーデン。そんな自然環境だからこそ、暗闇を快適に過ごす便利グッズのクオリティには、思わず唸ってしまうものがある。

その最たるものがこのスプレー。自分の手で安全を備えていく。こういうツールを待っていた!

スプレー噴射で、光に反射

暗闇で光に反射。あのリフレクターが「スプレー缶」になった!

夜道のサイクリングやランニングにおいて、ヒヤッとする場面を避けるための視認グッズはたくさんある。たとえば、暗闇の中で光に反射して視認させるリフレクター。ランナーのウェアがピカッと光って見える、あれは衣類にこのリフレクター素材が付いているから。

それと全く同じ反射機能を、スプレーで噴射させることによって、あらゆる素材を“リフレクション”させてしまおうというのが、オランダ、ドイツ、デンマークに次ぐ自転車先進国、スウェーデン発の「Albedo100(アルベド100)」だ。蛍光塗料とは訳が違う。

自転車・ヘルメットが
真っ白に光る!

暗闇で光に反射。あのリフレクターが「スプレー缶」になった!

しかもこのAlbedo100は、直接光を放った相手(たとえば車のヘッドライトなど)にのみ、反射して白く光って見えるという。つまりこの場合、注意をしてもらいたい相手(自動車)にのみ反射を返すが、放たれるヘッドライトの光と自転車の中間点にいない人からは、発光して見えない。上の映像で言うなら、歩道からは彼らの発光が見えていないということになる。
暗闇で光に反射。あのリフレクターが「スプレー缶」になった!

自転車のフレーム部にスプレーした場合。ベースの色がほとんど見えず、まるで白いカラーリングを施したように思えてしまう。同じようにヘルメットにスプレーすれば、視認性はさらにUPするだろう。

ジョギング中も
自分を守ってくれる

暗闇で光に反射。あのリフレクターが「スプレー缶」になった!
暗闇で光に反射。あのリフレクターが「スプレー缶」になった!

イヤホンで耳をふさぎながらのナイトランは、どしたってこちらの視認性は低い。だからこそ蛍光色やビビッドなカラーを配したランニングウェアや、リフレクター素材をポイントにあしらったシューズが登場するわけで。でも、衣類を選ばずスプレーするだけ。これも悪くない。

子どもたちの安全もカバー

暗闇で光に反射。あのリフレクターが「スプレー缶」になった!
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。