体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

裸にならずとも彼を虜にする、シンプルで大切なこと

付き合い始めたばかりの頃は、あんなに優しかった彼。でも、なんだか最近、必要とされてない気がする……、なんて状況は女性なら誰しもが通る道。だからこそ、この記事を紹介したいんです。あくまでもありのままの自分を好きでいてもらおうとする考え方が共感度高め。

01.
ジョークのセンスを磨く

裸にならずとも彼を虜にする、シンプルで大切なこと

あなたが彼に言う冗談には、ふたつのメリットがあります。

ひとつ目は、一瞬にして彼のハートを掴むことができること。そしてふたつ目は、そのネタがあなたを思い出すきっかけとなることです。

あなたがいないところでも、その冗談が使えそうな場面に出くわしたとき、彼は真っ先にあなたを思い出すはず。

02.
自分のファッションには
絶対に嘘をつかない

Tシャツであろうとジーンズであろうと、自分にとって着心地のいいものを着ているときこそ、人間は自信で満ち溢れ、周りの人を寄せ付けるもの。ファッションとは自分の性格や気持ちを露わにできる最高の武器です。だからこそ、クローゼットから洋服を選ぶときは、必ず自分に素直でいること。

03.
「ただ同調するだけ」は
ストップ

ただ周りに同調するだけの人は面白みに欠ける。相手を否定せずに、うまく異なる意見を主張できる人は魅力的に映るものです。大多数とは違った考えを持っていても、口にすればいいじゃない。そもそも長期的な関係を維持する鍵は、「正直であること」のはず。

04.
新しい体験を共有

裸にならずとも彼を虜にする、シンプルで大切なこと

新しい体験には、誰しもが心をくすぐられる。何十年も一緒にいるカップルが常に新しいことに挑戦するのは、弱まっていた愛情を再熱させるため。

長期的な関係を維持したいのなら、たまには新しいことにチャレンジすることです。今までにない経験というのは、脳に他とは違った形で蓄積されるもの。一緒に経験した「初めて」は、イイ思い出として残りますしね。

05.
効果を侮るなかれ。
とにかく笑う!

裸にならずとも彼を虜にする、シンプルで大切なこと

笑顔で会話をするだけで、ふたりの雰囲気はいくらでも明るくなるはず。「楽しむ」ことは重要だし、周りに伝染する力を秘めている。誰だって、楽しい人の周りに近づきたくなるものです。心配ゴトはどこかに置いて、とにかく今を楽しむこと。

06.
オリジナルゲームで遊ぶ

ゲームにトランプやサイコロが必要という概念を一度捨ててみて。想像力を働かせば、ゲームはいつ、どこでだってできます。

たとえば、お互いに質問を投げかける「あなたはどっち派ゲーム」。自分の頭がテニスボールのサイズになるのと、スイカのサイズになるとであればどっちを選ぶ?とか。お互いのことをさらに深く知ることができはず。

07.
どんな分野でもいいので
深く掘り下げる

あなたは大の旅行好き?それとも、実は亀に夢中?

その情熱が何であろうと、他ではあまり知られていないニッチな知識を有していることは、あなたが興味深い人間である証。情熱を注ぐ先はなんだっていい。とにかく熱を持って話せる「何か」があることが重要なのです。

08.
親密なコトを打ち明ける

裸にならずとも彼を虜にする、シンプルで大切なこと

自分の本性が垣間見えるような話をすることで、自分が薄っぺらい人間ではないことを相手に知ってもらえます。

誰だって辛い経験を美化させ、弱い部分を隠そうとするもの。でも、私たちはみな、いくつもの失敗を経験してここにいるのです。テストでカンニングをしたときのことや、担任の先生に惚れ込んでしまったこと、失恋後にお酒を飲みすぎて二日酔いで目覚めた朝のこと……完璧でないことを自ら認めてこそ、あなた自身が相手にとって共感できる存在となるのです。

Article originally published on Thought Catalog. Follow Thought Catalog on Instagram here or check out Quote Catalog.

Licensed material used with permission by Thought Catalog

関連記事リンク(外部サイト)

男性ライターが激白。「初デートでダメ男を見極めるポイントはこれだ!」
「結婚しないのはなぜ?」10人のアメリカ人男性に聞いてみた
お互いに好きなのに、いつもすれ違ってうまくいかない理由

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。