ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フランスが「レジ袋」を禁止。エコバッグを忘れずに!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月1日より、フランスでレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止になりました。スーパーマーケット、薬局、パン屋、ガソリンスタンド、屋外マーケットなどなどに行く際は、エコバッグを忘れないように気をつけましょう。

使い捨てビニール袋は禁止

euronews」によれば、対象となるのは、使い捨てのビニール袋。成果店などではいまだに利用できるものの、肉や魚を包むための薄いものも含めて、2017年1月には禁止となります。以降は、堆肥に使える生分解性のバッグを、野菜やフルーツを包むための薄い袋として使う予定だそう。

厚さ50ミクロン以下で10リットル以下のものや、生分解性のビニールを使ったものは規制の対象外ですが、コストが上がる可能性があるため店舗では利用できないかも。

いくつかの店舗ではディスカウントを目的に、2年分ビニール袋を仕入れているところもあったため、ストックが無駄になって値上りも起こるのではないか、なんて話を「The Local」が伝えています。これについては政府による買い取りも提案されているようです。

買い物は、エコバッグから!

高級スーパーのモノプリでは、有料の紙袋が配布され始め、その他のスーパーでも安価な紙袋が使われるのではないかと言われていますが、環境問題の対策として始まっているため、やっぱり使い捨ては環境によくないという声も。

同店はショッピングバッグの種類が豊富で人気。買い物するときには、現地でバッグを探すところから始めてもいいかもしれませんね。

Reference:euronews,The Local

関連記事リンク(外部サイト)

なんの変哲もない街の電球。実は、夜になると・・・(ポルトガル)
新しい「日本のパスポート」には北斎の浮世絵が?その斬新な中身とは・・・
あなたが若いうちに旅に出るべき最大の理由3つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP