ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

資格不要なインプラント トラブル減らぬ理由は技術格差

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京医科歯科大学歯学部付属病院には、インプラント手術でトラブルになった患者が連日押し寄せている。春日井昇平教授(インプラント外来)は、この事態に危機感を募らせていた。

「最近では初診で来る患者の5人に1人は他院トラブル。一番悲惨なのは神経損傷です。完全に切れたら今の技術では回復は難しい」

 つまり、インプラント手術の失敗で、患者は顔面マヒ等の後遺症を一生抱えることになるのだ。

 トラブルが減らない最大の理由は技術格差にある。特別な資格がなくても、歯科医であれば誰でもインプラント手術が可能だ。インプラントの関連学会は、主要組織でも4団体あり、インプラント認定医の条件も異なる。この資格要件を厳格化すべきという指摘はされてきたが、変化はない。

 結果、リスク説明に力を割くのは一部の医師だけだ。

「この(他院の)患者さんは、鼻腔にインプラントが突き抜けています。インプラントには、メリットとデメリットの両面あるとご理解ください」

 口腔外科医の経験を持つ小澤俊文院長(おざわ歯科医院、東京・練馬)はインプラントを希望する患者に対して、ショッキングなケースまで見せている。デメリットやリスクまで知ったうえで、判断してほしいと考えているからだ。

「インプラント手術は、顎骨という、神経や血管がある中へ打ちますので、本来は一般の歯科医がやっている範囲を超えているのです。だからインプラント手術を行なう歯科医は、口腔外科等で研修を受けることを義務づけるべきでしょう」

 歯科医に対する信頼は、地に墜ちている。それを取り戻すのは容易ではない。

●レポート/岩澤倫彦(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2016年7月15日号

【関連記事】
儲けの多いインプラント実施の歯科医 6割でトラブル発生
高齢者インプラント 認知症兆候が出たら抜去の決断も
インプラントが副鼻腔突き抜けた患者に歯科医「よくある」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP