ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

寝床にスマホや枕元に大量の人形は気を乱し、寝苦しさUP

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 気温が上がり、どんどん寝苦しさが増してはいませんか? 睡眠の質をあげることは、健康な生活には欠かせません。どうしたら、心地よい睡眠を獲得しやすくなるのでしょうか。風水専門家の直居由美里氏に聞きました。

 * * *
 開運のためのインテリアというと、リビングやダイニングをイメージしがちですが、実は風水では、玄関の次に寝室が重要な場所とされています。

 寝室はプライベートな空間です。ベッドメーキングをせず、寝乱れたままの状態にしておいても、ドアを閉めてしまえば人目に触れないから大丈夫だと考えてしまいがちですが、寝室が整っていないと、徐々に運気も乱れてきます。

 睡眠は単に体を休めることではありません。人は寝ている間に環境からの「気」を吸収し、一日の活動で失った運気を補充しているのです。

 暑さで寝苦しい夜が続くと、睡眠による「気」の補充が難しくなります。しかも7月は、東洋の暦では陽から陰の「気」へと切り替わるタイミングで、体調を崩す人が多くなるだけでなく、運気も乱れがちです。

 この時期は、良質な睡眠を取って、しっかりと運気の足元を固めておくべきです。7月を無事に乗り越えれば、秋からの運気の飛躍が期待できます。睡眠中の人間は起きている時以上に、環境からの影響を受けます。意識がなくなっている分だけ、ストレートに室内の「気」に感応するからです。

 質の悪い睡眠を続けていると、体調を崩すだけでなく、怒りや悲しみといったネガティブな感情が強くなります。睡眠不足の人がイライラしているのは、「気」の欠乏状態に陥っているからです。

 残暑の睡眠環境で気をつけたいのは、湿気対策。人間は寝ている間に大量の汗をかきます。特に夏場は、こまめに洗濯して、気持ちのいい寝具を使うようにしてください。汚れたシーツやカバーでは、邪気に包まれて眠るようなもので、ますます寝苦しくなってしまいます。布団は干すか乾燥機を使って湿気を取りましょう。

 睡眠中に悪い「気」を吸収しないためには、枕まわりをすっきり片づけてください。スマホやタブレットを四六時中チェックしている人がいますが、ベッドや布団にまで持ち込むのは感心しません。SNSで人の動向ばかり見て、そのまま眠りに就くようでは気持ちが休まらず、「気」の補充はできません。

 枕元に小さなぬいぐるみや人形を大量に飾ってあるのも、大きく「気」を乱します。風水では、顔のある物はある種の命を宿していると考えます。ぬいぐるみや人形は、持ち主にかわいがられたいといつも願っています。

 1体や2体だけなら、あなたの安眠を見守ってくれますが、あまりにもたくさんだと、あなたが寝ている間も「私のことをもっとかわいがって」という念を出します。そんな人形やぬいぐるみに囲まれていると、熟睡できません。

 夏の間は寝室に冷房をかけている人が多いでしょうが、頭寒足熱を心がけ、足に冷気が当たらないようにしてください。

 東洋医学では、陰陽の「気」がスムーズに巡っている状態が望ましいとします。心臓から遠い足は、心臓から送られてくる血液が循環しにくいため冷えやすく、頭部は血液が上がりやすく熱がこもりやすい傾向があります。

 頭が熱く、足が冷たい状態は陰陽のバランスが崩れますから、頭寒足熱が提唱されているのです。暑くて眠れないからといって、部屋全体の温度を下げると、足元が冷えてしまいます。冷たい枕やヘアバンドで頭部を冷やすようにしましょう。

※女性セブン2016年7月21日号

【関連記事】
金縛り原因や理想睡眠時間など睡眠に関する疑問を解説した本
朝や睡眠時の男性特有の生理現象がなぜ起こるのかを医師解説
縁起が悪いはずの北枕で寝ることで金運アップする開運睡眠術

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP