ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ご近所トラブルで殺人 最悪の結末に住民が密かに本音明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年11月、千葉県館山市で高齢者同士のご近所トラブルが最悪の結末を迎えた。加害者の浅田一郎(仮名、76才)と被害者の佐々木昌さん(仮名、73才)は約40年来の隣人同士。関係が悪化したきっかけは、20年ほど前に佐々木さんが浅田に「生活排水が自宅に流れ込んできている」とクレームをつけ始めたことだった。

 以前から佐々木さんは、先端に鎌がついた長い棒を手に持ち、「迷惑料を払え」「土地を売ってでも金を払え。払えないならおれの面倒を見ろ」などと、浅田夫婦に迫ることも少なくなかった。

 事件の日も佐々木さんは浅田の自宅を訪れ、浅田の妻に生活排水のクレームを言い続けていた。帰宅した浅田が「いい加減にしろ」「おとなしくしてればつけあがりやがって」と言い返すと、佐々木さんは「おれの言うことが聞けねえのか」と両手で襟首をつかんで「200万か300万円持ってこい」と要求。

 脳裏をよぎったのは20年にも及んだトラブルを終わりにしたいという一心だったのかもしれない。この日、浅田は初めて佐々木さんに手をあげた。その後、佐々木さんを引きずって敷地内にある池に落とし、頭を手足で押さえつけて溺死させた。浅田は3日後、千葉県警館山署に殺人容疑で逮捕された。

 事件現場は市の中心部から車で約15分の場所にある人口150人ほどの集落。ウグイスが鳴き、木々が生い茂り水田が広がり、海が近いので魚がおいしいことでも有名だ。一方で幹線道路には大型スーパーやドラッグストア、レストラン、コンビニが立ち並び、生活も便利。年間平均気温16℃前後で、めったに雪が降らないことなどから、リタイア組の移住先としても人気がある。

 事件から8か月。近隣の住人たちに話を聞くと、それぞれ複雑な思いを吐露した。

「加害者の一郎さんは本当に面倒見がいいし、優しくてね。だからって殺していいかというとダメだけど、佐々木さんは厄介者で有名で、私たちは毎日すごく気を使っていたんです。これでやっと安心して生活できる…大きな声では言えないんですけど、これが本音です」(男性住民)

 事件発生直後、浅田の犯行は、暴走した高齢者のなれの果てかのように伝えられていた。しかし公判では、こんな事実が明らかになった。

 まず、佐々木さんが20年以上にわたってクレームをつけていた生活排水問題は、佐々木さんが排水路を埋めて水の流れが変わったことが原因で起こるなどしたもので、浅田が非難されるいわれのないものだった。

 また佐々木さんの迷惑行為に悩まされていたのは、浅田夫妻だけではなかった。過去、別の隣人に「おれの車に車をぶつけた」と文句を言って金をせびった上に、その隣人の自宅の玄関先に鎖をつけて出入りできなくしたりといった嫌がらせを行い、引っ越した人もいたという。ある女性住民がため息交じりに振り返った。

「佐々木さんは、住んでいた家の大家のおばあちゃんにもよく怒鳴っていました。

 鎌のついた棒を持って自宅に上がりこんで、警察が来たこともありました。警察に相当怒られたから、さすがにそれからは家に上がらなくなったようです。でも今度は玄関先での暴言が酷くなり、“くそばばあ、お前が生きてる価値はないんだから、死んでしまえ”とわめき散らしていたそうです。おばあちゃんは“相手にしたらおしまいだから”って静観していましたけど、かなり精神的にこたえたと思います」

 浅田夫妻もずっと耐えていた。それも20年間、ずっと。証人として出廷した彼の妻は、佐々木さんから受けていた嫌がらせに話が及ぶと涙を流し、裁判が一時中断する場面もあった。

「被告は冷静に受け答えをしていましたが、奥さんは感情があふれたんでしょう。家では常にカーテンを閉めて声を潜めて生活し、外で佐々木さんに会うと怒声を浴びせられ、脅迫めいたことを言われた。ものすごくつらい生活だったと涙していました」(全国紙記者)

 先祖代々の地主で、正義感が強かったという浅田は、住民たちにも頼られる存在だった。その彼は公判でこうも述べている。「(これ以上佐々木さんが)みんなに迷惑をかけないよう殺した」と…そんな彼に、減刑を求める地元住民らの署名は1000人にものぼった。5月に判決公判は行われたが、同情できる面もあった点から求刑懲役14年に対し、懲役9年の判決が浅田に言い渡された。

※女性セブン2016年7月21日号

【関連記事】
萬田久子 夫の遺品「幻のシャンパン」飲まずに友人にあげる
女子アナマニアの美人キャスター イチ押しはTBSの枡田アナ
新スマホCM出演の佐々木希 コスプレ姿で「肉球」連呼

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP