ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリントン財団寄付の中国人 いつ異変起きても不思議はない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 米共和党大統領候補のドナルド・トランプ氏は6月10日、バージニア州を訪れ、対抗馬の民主党のヒラリー・クリントン氏を「腐敗し切っている」「不正直だ」と舌鋒鋭く批判した。

 なぜトランプ氏が初遊説の地に同州を選んだのか。そこには、大統領選を左右しかねないある中国人実業家の存在があった。ジャーナリストの相馬勝氏がレポートする。

 * * *
 現在、米国では、「クリントン夫妻に最も近い知人」といわれるバージニア州のテリー・マコーリフ知事が、中国人実業家から違法な選挙資金の提供を受けた疑いで米連邦捜査局(FBI)と米司法省によって調べられている。

 しかも、この中国人実業家は知事を介して、クリントン財団にも200万ドル(約2億4000万円)も寄付している。この中国人実業家は中国東北部の遼寧省丹東市に本社を置くゼネコンを主体とする遼寧日林実業グループの王文良会長である。

 米国の法律では、大統領選や知事選などの立候補者が外国人から選挙資金の提供を受けることは禁じられている。つまり、クリントン財団に入った寄付金がヒラリー・クリントン氏の大統領選の資金に流用されたとなれば、大問題に発展するのは間違いない。

 それに、たんに州知事への献金ならば、CNNなど大手メディアも大きく取り上げないだろうが、知事はクリントン夫妻にとって、「最も近い友人」とされる。クリントン氏が大統領選に勝利した場合、知事の主要閣僚就任の可能性も取りざたされていることもあって、今回の王の選挙資金提供疑惑は米国内の関心を集めている。

 それは王が中国内同様、米国でも派手な寄付活動を行ってきたことも無縁ではない。

 ニューヨーク大学には米中関係研究所創設のために2500万ドル、ハーバード大学には100万ドル、さらに超党派のシンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)のズビグニュー・ブレジンスキー地政学研究センターなど米中関係の要衝に多額の寄付を行っている。これが、中国のためのロビー活動であることは明らかだ。

 とはいえ、FBIなどはいまのところ、王の財団への寄付金がクリントン氏の選挙資金などに使われたかどうかについての捜査には慎重な姿勢を示していると伝えられる。

 が、バージニア州は首都ワシントンに隣接し、政治に関心が高い知的市民が多数居住していることで知られ、大統領選への影響が強い州の一つとされる。それだけに、「知事と王の関係が暴かれれば、11月の本選に向けて、少なからぬ影響が出る」(バージニア州の地元紙「リッチモンド・タイムズ・ディスパッチ」)との見方も出ている。

 さらに、ここにきて、王にとっては極めてまずい状況が出来している。

 王の事業の躍進に大きく貢献した元丹東市長で、2014年7月まで遼寧省人民政治協商会議副主席を務めていた陳鉄新が昨年1月、腐敗問題で起訴され、裁判の結果、懲役7年の実刑判決を受けたのだ。その罪状には、王も深くかかわっている丹東港の再開発プロジェクトをめぐる汚職問題も含まれている。

 いまのところ、王は丹東市の副市長で公安局長も兼務している楊耀威と親しい関係であり、地元の警察に逮捕される可能性は低いと見られる。

 しかし、今回のバージニア州知事やクリントン財団の寄付問題が中国内でも関心を集めていることもあり、党中央の査察の可能性も出ているだけに、王の身にいつ“異変”が起こっても不思議ではない。

●そうま・まさる/1956年生まれ。東京外国語大学中国語学科卒業。産経新聞外信部記者、香港支局長、米ハーバード大学でニーマン特別ジャーナリズム研究員等を経て、2010年に退社し、フリーに。『中国共産党に消された人々』、「茅沢勤」のペンネームで『習近平の正体』(いずれも小学館刊)など著書多数。近著に『習近平の「反日」作戦』(小学館刊)。

※SAPIO2016年8月号

【関連記事】
【ジョーク】ヒラリー・クリントン氏が大統領目指すのはなぜ?
激ヤセのクリントン氏 1回数千万円の講演料で年収10億以上
SAPIO人気連載・業田良家4コマ漫画「鏡のない国のパク」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。