ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“イマドキ東大生”針間くんが語る現役合格への「塾歴社会」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本一チャラい東大生としてテレビなどに出演する、東大理科III類1年生の針間貴己くんが、様々な話題を独自目線で斬る新連載。今回は『サピックス』や『鉄緑会』など、今の日本のエリート頭脳を牛耳る“塾システム”について、経験者である針間くんに語ってもらった。

 * * *
 まだ僕が受験生だったとき、父親が『塾歴社会』(幻冬舎新書)という本をたまたま買ってきていたので、暇つぶしにパラパラ読んでみたことがあった。

 その本では『サピックス』(中学受験の大手塾)から『鉄緑会』(中高一貫校の生徒を対象にした東大受験指導専門塾)という塾に入るのが受験の王道である、というように書かれているのだが、実際その通りだと思うし、僕自身もそのルートを通って東京大学理科III類に合格することができた。その僕の経験を振り返りながら、日本の「塾歴社会」について語ってみたいと思う。

 まず僕のことを知らない人のために軽く僕の経歴を書いておこうと思う。

 僕は小4のときに『サピックス 王子校』に入り、中学受験では『筑駒』(筑波大学付属駒場)、『開成』、『ラ・サール』と受けた学校すべてに合格し、筑駒に進学。そのまま『鉄緑会』に入り、国語は『グノーブル』(大学受験の大手塾)にいったり、『東進ハイスクール』(大学受験予備校)にいったりしたものの、基本的には『鉄緑会』で勉強をし、今春、東大理IIIに現役合格した。

『サピックス 王子校』時代の友人2人もまた、『鉄緑会』を経て東大理IIIに合格している。友人2人のうちの1人は、僕と同じく筑駒へ進学したが、もう1人は筑駒、開成両方に落ち、別の学校へいくことになった。

 それで思ったのが、『鉄緑会』にいくのなら、「中学校も高校も、どこへいっても関係ないのでは?」ということである。

 受験合格のみを目標にするのなら、学校はほぼ関係ない。かつては学校の授業のレベルが違う…、などの問題が発生したが(田舎は今でもきっとそうだろう)、現在は学校の授業は聞いている人がそもそも少ないと思う。

 教養は人間として大切なものだし、将来的にその教養が役立つ場面は数多くあると思う。実際、僕の経験でも、筑駒の経済の授業など興味深いものは多かった。

 しかし、仮に「受験をいかに突破するか」ということにのみ焦点を置くならば、学校の授業は率直にいって無駄が多い。

 僕は理系なので理系として話を進めると、例えば社会の授業はすべて無駄である。センター試験の社会は、直前1か月だけやれば十分な得点がとれる。国語についても、現代文は何回か記述の練習をすれば十分であるし、漢文も句法さえ頭に叩き込めばいい。学校の授業が役立つのは古文くらいであろう。

 そのような背景があるので僕の周りでも、学校の授業はほぼ聞かずに内職(授業を聞かずに自身の勉強を進めること)ばかりしている人が多かったように感じるし、そのような人たちの合格実績は普通にいい。逆に言えば、学校の勉強ばかりしていた人たちよりいいと思う。そのような状況において学校よりも塾のほうが受験に対して明らかに影響をもっているので、今の日本は塾歴社会であると感じる。

 前述したように僕は、古文を『グノーブル』で、高1の1年間学習した。それは高校2年、3年の間は、国語以外の科目を勉強したほうが、理系の場合受験には有利で、「高1の1年間で古文を完成させられるグノーブルの講座をとっておくとよい」と、学校で聞いたからである。おそらくこの手の有益な情報は、筑駒のようなトップ進学校に通っていない場合、手にいれることが難しいと考えられる。

 このように進学校にいくことのメリットは受験に関する情報、さらに言えば塾に関する情報が手に入りやすいことにあると思われる。

 では、受験において一番大切なものはなにか?

 それは環境である。朱に交われば赤くなる、のいい意味バージョンのようなものである。例えば田舎の人知れない高校から東京大学理科I類に合格するほうが、筑駒から東京大学理科III類に合格するより難しいのではないかと感じる。

 自分の周りが「みんな理IIIを目指している」「お世話になった先輩は理IIIに受かった」というような環境にいれば、おのずと自分も「理IIIに受かるのでは?」と思えてくるのである。

 僕に関していえば、父も叔父も理IIIに現役合格しているので、理IIIに対する精神的ハードルはさらに低かった。

 受験に限らず、ある目標があるとき、自分はそれを実現できると信じていれば本当に実現できるものだと思う。どうしてそうなのか僕は説明することができないが、経験的に導かれる帰結である。そういった意味でかつての進学校は受験に最適の環境を与えてくれるという意味があった。

 しかし現在は塾にいけばライバルがたくさんいて、東京大学理科III類などに通う先生たちと接する機会も多く、受験への精神的ハードルを下げることができるので、受験への環境をそろえるという点でも、進学校に通うことはマストではなくなっている。

 ただ一方で、筑駒をはじめとした進学校に通うことのメリットは受験以外の視点でみれば多くある。それらのメリットはまた別の機会で述べようと思う。

 * * *
 針間貴己(はりま・たかき):19才。この春、現役で大学受験の最難関である東京大学理科III類に成績上位入学。現在は学業のかたわら、学生起業家としてアプリを開発するほか、「日本一チャラい、イマドキ東大生(イマ東)」としてのテレビや雑誌などメディア出演も多い。夢は、医療系ベンチャーの起業で世界を変えること。ツイッター(@harimatakaki)での発信にも注目が集まる。

【関連記事】
偏差値29の生徒が東大に合格するための77の勉強法
私立中高 本来義務でない「上納金」未納者に督促状送る例も
芯に「合格」と刻まれた鉛筆 1本2万2千円~オーダーメイド可

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP