ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

古い建物に絵を描き、街を活気づけたアーティスト(フランス)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

欧米では古い建物を壊すのではなく、中をリノベーションして長く使用します。ニューヨークでは第二次大戦前に作られた建物や不動産を「pre-war」と呼び、今も人が住むなど大切にしているのです。

壊すのではなく、活かす。そんな作品をフランス各地で作り出しているのは、アーティストのPatrick Commecyさん。年代物の家や建物にフレスコ画を描くというものですが、そのビフォーアフターには驚くばかり!

01.

古い建物に絵を描き、街を活気づけたアーティスト(フランス)
古い建物に絵を描き、街を活気づけたアーティスト(フランス)

02.

古い建物に絵を描き、街を活気づけたアーティスト(フランス)
古い建物に絵を描き、街を活気づけたアーティスト(フランス)

03.

古い建物に絵を描き、街を活気づけたアーティスト(フランス)
古い建物に絵を描き、街を活気づけたアーティスト(フランス)

04.

古い建物に絵を描き、街を活気づけたアーティスト(フランス)
古い建物に絵を描き、街を活気づけたアーティスト(フランス)

05.

古い建物に絵を描き、街を活気づけたアーティスト(フランス)
古い建物に絵を描き、街を活気づけたアーティスト(フランス)

06.

古い建物に絵を描き、街を活気づけたアーティスト(フランス)
古い建物に絵を描き、街を活気づけたアーティスト(フランス)

07.

古い建物に絵を描き、街を活気づけたアーティスト(フランス)
古い建物に絵を描き、街を活気づけたアーティスト(フランス)

08.

古い建物に絵を描き、街を活気づけたアーティスト(フランス)
古い建物に絵を描き、街を活気づけたアーティスト(フランス)
古い建物に絵を描き、街を活気づけたアーティスト(フランス)

1978年から、300以上も描いてきたというPatrickさん。トロンプルイユ(フランス語で『だまし絵』)を使って、企業のビルやマンション、家の壁などを賑やかに変えてきました。よーく見ると、歴史上の偉人や有名人、SF映画のキャラクターまで描かれています。その土地の特徴や名産も絵の中に盛りこまれているんですよ。

おかげで会社のブランドイメージが上がったり、絵を見るためにわざわざ町を訪れる人が増えるなど、うれしい効果が報告されているのだとか。彼のサイトには細かい部分までズームできる機能がついているので、気になった人はこちらからチェックを。

日本でも直島や金沢など、アートを使った町おこしがありますが、こんなフランスのスタイルも素敵ですね。

Licensed material used with permission by Patrick Commecy

関連記事リンク(外部サイト)

マドリードに突如出現!どこまでも「ブルーな世界」、これナンだ?
ゴッホやピカソ、北斎まで「自分の写真が有名アート風」になるアプリ(ロシア)
【研究結果】「アートワーク」でストレス解消。そこに上手い下手は関係なかった

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。