ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソニアカMUSIC MASTERに短期集中で学べる「アドバンスドコース」ほか新体系スタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソニーミュージックが提案する「真の音楽人」の育成を目指すソニックアカデミーMUSIC MASTERは、知識・技術・実践体験を集中して習得することのできる新体系を新たに開設した。

短期集中で専門分野を極めることができる、新設の「アドバンスドコース」では、【後藤勇一郎の弦譜塾 ストリングス・アレンジ基礎編〜5DAYS講座】【DTMパーフェクト構築コース~2DAYS講座】の2講座の開講が決定。一部の講座では、講座実施から数日後にストリーミング配信で学習することのできるWeb講座も併設。より学びやすい環境を提供する。

また、もうひとつの新設講座となる【ギタ女養成2DAYSキャンプ】の開講が決定。効率的に学んでオリジナル作品を完成させ、シンガーソングライターの聖地“渋谷gee-ge.”でライヴ発表することができる、ギタ女になるための短期集中型入門講座として開講される。

ソニックアカデミーミュージックマスター
http://sonicacademy.jp/mm/

講座詳細
【後藤勇一郎の弦譜塾 ストリングス・アレンジ基礎編 〜5DAYS講座~】
国内外で数多くのレコーディングセッションに参加し、あらゆるジャンルの音楽・弦アレンジに携わって来た後藤勇一郎氏が、全5回の集中完結講座として、J-POPのストリングスアレンジに焦点をあててそのアレンジ論を徹底的に解説。知識を学ぶだけではなく、受講者提出の課題作品への添削指導も実施。講義最終回には提出作品をもとにして、実際の弦楽カルテットによる生演奏による試聴会が予定されている。

LESSON 1 無くても成立するが、あるとより一層素敵になる弦アレンジの概論
LESSON 2 主役ならずとも心をつかむトップラインの着眼点とは
LESSON 3 支えるだけではないアンダーライン制作のティップスとは
LESSON 4 柱となる内声を構築し弦譜のテイストをより一層極める
LESSON 5 作品発表
日程:8月21日(日)~全5回講座
受講料:本講座 48,000円 Web講座:33,000円
詳細:http://sonicacademy.jp/mm/cs301/

【DTMパーフェクト構築コース~2DAYS講座】
音源制作中級者に向けた自分に最適なDTMシステムを作り上げるための短期集中型実践講座。講座総合監修は、YMOのアルバムやツアーにシンセサイザーマニピュレーターとして参加する“4人目のYMO”と呼ばれる松武秀樹氏。作詞・作曲・編曲家、プロデューサー、サウンドエンジニア、映像クリエイターとして活動中で、近年とくにハイグレードオーディオケーブルのプロデュースで著名な辻敦尊氏が、多方面にわたる豊富なキャリアを生かした講義を提供。

LESSON1 DTMを制したければ、“セットアップ”を極めよ
LESSON 2 実は知られていない、音質向上のカギを握る重要ポイントとは!?
LESSON 3 タイプ別解説 セッティングのコツ!!
LESSON 4 プロがアドバイス「予算をかけるならココ!」
LESSON 5 あなたの作品やミックスにプロが直接アドバイス
LESSON 6 プロのミックスダウンから学べ!!
日程:8月28日(日)、9月11日(日)全2回講座
受講料:本講座 35,000円 Web講座:25,000円
詳細:http://sonicacademy.jp/mm/cs302/

【ギタ女養成2DAYSキャンプ】
集約された最強カリキュラムでシンガーソングライターに必要な知識・ノウハウ・コツを徹底的に学ぶ2日間。上達に必要な3つのポイント①正しいヴォイトレ②コード進行理論③ライブハウスでの実演と的確なアドバイスを、短期集中で習得。短期間で自分を確認して、成長するための貴重な機会を提供。

DAY 1@SME乃木坂ビル
LESSON1 ヴォイストレーニング 講師:大久保海太
LESSON2 ライブハウス実演の全知識 講師:ハグてっぺい
LESSON3 コード進行完全習得~ワークショップ 講師:井上水晶
DAY 2@gee-ge
LESSON4 ライブリハーサル実習
LESSON5 ライブ実演
LESSON6 ライブ後アドバイス
日程:8月21日(日)、9月11日(日)全2回講座
受講料:29,000円 学割:19,000円
詳細:http://sonicacademy.jp/mm/cs303/

関連リンク

ソニー・ミュージックエンタテインメント

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP