ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

熱中症の時期!脱水症状を避ける水分補給はノドが渇く前に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日差しが強くなると、心配なのは熱中症です。皆さんも水分補給はこまめにしていると思います。でも、ノドが渇いてから水分を取っても遅いということも多いのです。軽度の熱中症は、大量の発汗によって起こる熱けいれん、脱水症状になる熱疲労など。ここでは、脱水症状に陥らないための注意点をご紹介します。

脱水症状は単純に体の水分が不足しているだけじゃない

脱水症状=体の水分不足と考えがちですが、そうではありません。脱水症状の状態では、体内の水分だけでなく電解質も失われているのです。大量に汗をかいた場合、体内の水分は不足して脱水症状を起こしますが、汗と一緒に塩分も失われています。脱水症状だからと言って水分だけを補給するのではなく、塩分なども一緒に摂ることが必要になってくるのです。体内の水分などが不足すると、体液を体の隅々まで供給することができません。水分が少ないと血液も減ってしまい、栄養や酸素を体の必要な部位に届けることができません。少なくなった血液はドロドロになり、脳梗塞などの原因になってしまうこともあるのです。

この水分の取り方で脱水症状を防ぐ!

これからの季節はこまめに水分補給をすることが重要。ただし、水分を飲む時はできるだけチビチビ飲むようにして、大量の水分を一気に飲むことは控えるようにしましょう。大量に飲むことで、体液の浸透圧が下がって低ナトリウム血症をおこす危険があります。体の水分が足りなくなってくると、トイレの回数が減ったり、尿の色が濃くなったりします。そのような時は、すぐに水分を補給しましょう。また、大量の汗をかいた後にも水分は不足しますが、そんな時は水分だけを飲んではいけません。汗と一緒に塩分も排出され不足しています。ほんの少しの塩分と一緒に水分を補給しましょう。もちろんスポーツドリンクでもOKですが、糖分が含まれているので飲み過ぎには注意してください。

体の水分不足を放置していると、単に水分を飲むだけでは回復せず点滴などの処置が必要になってしまいます。さらに症状が進むと体温調整機能が失われ熱射病などの症状に。これからの季節は、くれぐれも正しい水分補給を心掛けてくださいね。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP