体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本から世界へ!Windows 10搭載のスタイリッシュスマホ「NuAns NEO」がKickstarterに登場

NuAns NEO日本ではすでに販売されているWindows 10搭載のスマホ「NuAns(ニュアンス)NEO」。スマホアクセサリーメーカーが開発を手掛けただけあって、好みでカバーを選べるデザイン性が注目されている。

そのNEOが、グローバル展開を目指しこのほどクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。すでに10万ドル(約1025万円)超を集め、滑り出しは順調なようだ。

・カード収納スロットも

NEOはユーザーのライフスタイルに馴染むよう、服を着せ替えるようにカバーを変えられるのが特徴。

NuAns NEO2カバーは上下で色や素材を自由に組み合わせられる「TWOTONE」と、手帳式の「FLIP」の2種類から選べる。

TWOTONEは上下それぞれ8色が用意され、上下を同じ色にしたり、その日の気分によって異なる色を組み合わせたりすることも。またケースの内側にはクレジットカードなどを収められるスロットもある。

8色から選べるFLIPは手帳のようなデザイン。こちらもカードを収納でき、またスマホで動画などを観るときにスタンドとしても使える。

NuAns NEO4・USB Type-C採用

自分好みにカスタマイズできるカバーに注意がいきがちだが、「CORE」と呼ぶスマホ本体も使いやすいよう設計されている。

例えば、メーンのカメラは風景などの撮影に適した28ミリ相当の画角、自撮りなどに活用することが多いインカメラは24ミリ相当と広めの画角となっている。

また、コネクタはこれから急速な浸透が見込まれるUSB Type-Cを採用するなど、一歩先を行く。NFCに対応するのも便利だろう。

NuAns NEO3・セット価格は270ドル

Kickstarterでは現在、TWOTONEかFLIPを選べる「CORE」とのセットが270ドル(約2万8000円)〜となっている。

スタイリッシュ性と実用性を併せ持つ日本発のNEO、目標調達額は72万5000ドル(約7323万円)。8月9日までの期間中にどれくらい集められるか見ものだ。

NuAns NEO/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2491599/video-684263-h264_high.mp4

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。