ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アイドルフェスが増加 バンドに比べて運営の旨みも大きい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大規模な音楽イベントといえば「FUJI ROCK FESTIVAL」などのようにロックフェスティバルのイメージが強くあります。ところが、近年ではそれらにアイドルが出演し、アイドルだけの音楽フェスも増えています。そこでは、他ジャンルでは起こりえないようなアクシデントも起きていますが、アイドルフェスの新規開催が増えています。地下アイドルでライターの姫乃たまさんが、なぜアイドルフェスが増えるのかについてリポートします。

 *    * *
 今年も夏の野外音楽フェスティバルに、アイドルがロックバンドに混ざって出演します。アイドルがメインの野外音楽フェスティバルも、たいへんな盛り上がりを見せています。

 アイドルフェスの中でも最大規模のTOKYO IDOL FESTIVAL(通称TIF)は、2010年の開催以降、出演者数も来場者数も右肩上がりです。昨年は154組(1140名)のアイドルが出演し、来場者は5万人を超えました。今年は200組以上のアイドルが出演する予定です。アイドルってそんなにいるのか! と、驚かれた方もいらっしゃると思いますが、TIFに出演できるアイドルは全体のほんの一握りです。ますます驚いていただけたでしょうか……。

 TIFの成功を受けて、新しいアイドルフェスも開催されるようになりました。サーキットイベント(複数のライブハウスで一斉にライブが行われ、共通チケットで自由に行き来できる)のほか、野外フェスも開催されています。しかし、アイドルフェス自体、歴史が浅い文化のため、知識や経験値の少ない人間が運営することもあり、トラブルも多発しています。その点で今年もっとも話題になったのが、5月末に開催された「ガールズ・ポップ・フェスティバル in 淡路島」(通称、淡路島)でしょう。

 当初は100組のアイドルが出演と発表されていたにも関わらず、開催日が迫ってもその半数ほどしか名前が発表されませんでした。さらにフェスの肝であるタイムテーブルの公表が開催日の数日前。それでも観たいととりあえず淡路島まで行った人によると、設営が終わっていなかったり、ステージ同士が近すぎて別々のアイドルがパフォーマンスする音が混ざってしまっている。等々、現地からツイッターでリアルタイムに流れてくる不安なエピソードは枚挙にいとまがありませんでした。

 つい先日、私自身もアイドルフェス関連のトラブルに見舞われました。出演依頼を受けた後に、引き継ぎもなく担当者が代わり、出演条件が変わってしまったのです。遠征にかかる交通費を、「知名度のあるアイドルにしか出せないので支払えなくなった」などの変更があったのです。これ以上のトラブルを避けるために、出演をキャンセルすることにしました。出ないと決断したのは、出演条件よりも運営の対応にあります。

 出演条件がアイドルごとに異なるのは当然で、事務所によっても違ってくるため、共演者同士でギャランティなどについて話さないことは、暗黙の了解になっています。このトラブルも、前の担当者と、後の担当者で、私に対する印象が異なったために起きたのです。私が知名度のない地下アイドルであることはたしかなので、それに対して怒ったり不満に思ったりすることはありません。本来は伝えない裏事情を出演者である私にそのまま話す運営の姿勢に不安を感じたのです。

 例えば美容室で「有名人はブログで紹介してくれるから安くしますが、一般人は通常価格になります」と言われたら、少し疑問に思いますよね。それと同じで、今回、私に出演条件の変更を申し出てきた運営は、暗黙の了解を失礼な形で暴いたことになります。

 出演するアイドルにとっても、お客さんにとっても、出演者やスケジュールがはっきりしない、不安定なものも含めてアイドルフェスがいくつも開催されているのはなぜでしょうか? それは、アイドルの集客力と、チケット代相場がビジネスとして魅力的だからです。

 アイドルの集客力は高く、平日の夜や、週末の午前中など、集客が難しい時間帯でもお客さんを動員することができます。一般には知名度のないアイドルでも、少ないながら必ずチケット購入するお客さんを呼べるのです。そのため最近では、多くのライブハウスが、スケジュールが埋まりづらいこれらの時間帯をアイドルイベントに貸し出しています。また、チケット代が他ジャンルのライブと比べて高い傾向にあり(2500~3500円程度、バンドの場合は1000~2000円程度)、万が一、観客が少なくても赤字になりづらいのです。同じ理由で、ロックフェスよりも、アイドルフェスほうが、運営しやすいのでしょう。

 そして、アイドルファンの特性が、不安定なイベントでもある意味「成功」にしてしまうことも、アイドルフェスが増えている理由のひとつでもあります

 アイドルファンには、平日の仕事終わりの疲れや、週末の早起きの辛さなどを、即座にふっ飛ばして楽しむ能力が備わっています。イベント前に休養をとらずとも、素早く切り替えられるのです。また、物事を多角的に見て面白がることができるため、5月末の淡路島で起きた困難な状況下でも、不備や不具合を面白がって笑い飛ばせるのです。私は8年ほど地下アイドルをしていますが、どんなアクシデントが起きても、ファンの人が「つまらない」と言うのを聞いたことがありません。

 アイドルファンの熱心な応援(大きな掛け声やヲタ芸)が、他ジャンルのミュージシャンのファンから怖がられたこともあり、野外フェスでは自粛していた時期もあります。表に出ると目立ってしまう存在であることを自覚しているからこそ、彼らはどんな状況もアイロニカルに笑えるのかもしれません。

 淡路島のアイドルフェスも、果敢に現地へ向かったアイドルファンによって面白おかしくツイッターで実況され、話題になりました。通常の野外フェスだったら大問題になりかねなかったフェスが「伝説」と揶揄されるに留まったのです。もし来年以降も開催を続ければ、本当に初回が伝説になる可能性もあるでしょう。

 しかし、アクシデントもイベントの醍醐味と言っていいのは、アイドルを応援し仲間を思いやって楽しむことができるファンにだけ許されるものです。特に、笑えないような、手抜きだらけの愛のないアイドルフェスだけは増えないでほしいです。

【関連記事】
「お台場夢大陸」キャラクターのAKB48 浴衣姿で夏を先取り
950曲掲載 ジャケットだけでも楽しいアイドルディスクガイド
クリス松村が独自視点で綴ったアイドル論 特典商法に警鐘も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP