ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サマージャンボは「オリンピック」開運売り場で買え

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 8月5日から開催されるリオ五輪が近づくにつれ、日本人選手による金メダルへの期待が高まっている。だが“金”が期待できるのは五輪だけではない。実は、宝くじの高額当せんと五輪には深~いつながりがあった。

「過去、五輪イヤーには最高当せん金が引き上げられるなど、宝くじ業界もお祭りムードになります。初めて1等賞金が1億円を超えたのも五輪の年でした」

 そう語るのは、“山ちゃん”の愛称で知られる宝くじ研究家・山口旦訓氏だ。

 リオ五輪開幕直前の7月6日から発売される「サマージャンボ宝くじ」は、1等・前後賞合わせて7億円である。加えて今年も1等7000万円の「サマージャンボミニ」も発売されるため、当せんのチャンスも増える。前出の山口氏は続ける。

「夏季五輪が開催された年のジャンボでの億当せんの統計を取ってみると、五輪イヤーに強い地域があることがわかりました。北海道、群馬、埼玉、千葉、神奈川、東京、新潟、静岡、石川、愛知、京都、大阪、兵庫、愛媛、山口、福岡、熊本の17都道府県です」

 一部の五輪選手や観戦者がリオへ向けて出発する際、利用すると思われる羽田空港の第一ターミナルビル内にある『モノレール羽田空港駅南口』売り場(東京都大田区)は、そのひとつである。

「昨年の年末ジャンボで1等・前後賞10億円が飛び出し、今年5月のドリームジャンボでも1等・前後賞7億円が出ました。全国の売り場で、直近の3大ジャンボ(ドリーム、サマー、年末)で連続1等を出しているのは、たったの2か所だけです」(山口氏)

 1999年開業の同売り場は、2000年の年末ジャンボの3億円に始まり、過去6人の億万長者を誕生させている。店長の熱田公昭氏がいう。

「連続で1等が出たことには正直驚いています。1日20万人といわれる空港利用者はもちろん、空港ビル内で働く方の間でも話題になっているようです」

 女子陸上短距離でメダル獲得の期待がかかる福島千里選手の出身地である北海道にもオリンピック開運売り場はある。今年のドリームジャンボで1等・前後賞7億円を出したばかりの『上磯イオンCC』(北海道北斗市)だ。

 宝くじ業界には「売り場の販売員に孫が生まれると億が出る」(山口氏)というジンクスがあるそうだが、同店はピタリと当てはまる。村木直之店長がこう語る。

「昨年3月に2人目のお孫さんが誕生した女性が、8月に販売員になった途端、年末ジャンボで3等100万円が2本、ロト6で2等922万円の当たりが出た。これは何かありそうだなっと思っていると、なんとドリームジャンボで7億円が出たんです。サマーも“幸運の女神”の彼女に販売してもらいます」

※週刊ポスト2016年7月15日号

【関連記事】
オータムジャンボ宝くじ18万台が狙い目と予想したら当たった
1枚500円 「宝くじの日記念くじ」が1000万枚限定で発売へ
年末ジャンボ宝くじ 十の位と一の位の合計6の組が狙い目か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP