ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高コレステロールと診断された男性が「大好物のチーズ」を禁止され驚くべき行動に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

闘病で好きなものが食べられなくなってしまったら、どうしますか?高コレステロールと診断されたDan LiBoissonnaultさんの好物は、チーズ。医師から禁止されても諦められず、コレステロール値ゼロのヴィーガンチーズを自分で作ってしまいました。しかも販売する会社まで設立!

見た目はふつうの
「本格チーズ」


これはエイジド。

ビーツとディル。華やかな色。

断面の中心に黒いすすでできた線が入っている、モルビエチーズ。

クランベリーオレンジ。着色料などは使っていません。

コレステロール値は「0」

見た目は普通のチーズですが、素材は生のカシューナッツ、マカダミアナッツ、植物由来の酵素やハーブ、スパイス。たんぱく質やアミノ酸、オメガ3、6など体にうれしい成分がいっぱいで、コレステロール値ゼロ。

さらに、一緒に食べるクラッカーも作っちゃいました。グルテンフリーでケールペーストやガーリックなどを使用したもの。本当にチーズが大好きなんですね。

ワインショップ店主が
食生活を180度チェンジ

One Green Planet」によると、彼はかつてワインショップを経営していたこともあり、肉とワインが大好きだったのだそう。しかし、医師からのNGで食べるのをやめ、薬を飲むように。ところがつらい副作用が起きてしまい、違うアプローチ方法を取ろうと決心します。

それが、動物性のものを摂らないヴィーガンダイエット。お医者さんは「うまくいかない」と思っていたようですが、6ヶ月後にはコレステロール値が100も低下し、ヨガもスタートしたところ、体調はすこぶる良くなったのだとか。

そして、ワインショップを閉め、ヴィーガンチーズを扱う「Dan’s Power Plant」をオープン。お値段は170グラムで10ドル(約1,100円)から。

現在チーズは売り切れ状態ですが、LiBoissonnaultさんによると、同社は「多くの注目を浴び、すごい勢いで成長しているスタートアップ。効率良く低コストな出荷方法に取り組んでいる最中」なんですって。

日本ではまだ珍しいヴィーガンチーズ。もしかしたら、近いうちにこのブランドを日本でも見かけるようになるかも!?

Reference:One Green Planet
Licensed material used with permission by Dan’s Power Plant

関連記事リンク(外部サイト)

花粉症の人にオススメしたい「食べ物、飲み物」5選
カラフルな「レインボーチーズトースト」が密かなブーム!?
世界中で話題になった、あの「青いワイン」はどのようにして生まれたのか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP