ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フランス流の「chicな暮らし」が旅の荷物を減らしてくれた!いますぐ真似したいその習慣とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

身軽に旅したいと思っているのに、気がついたらバックパックが四次元ポケットになっちゃうのが女の子。

そんなドラえもん女子へのオススメはフランス流のchicな暮らしです!筆者が実証済みの、確実に旅の荷物を減らせる方法をご紹介します!

 

最高にお気に入りの服だけを持つ

1年を通してデニムを愛用し、気候に合わせてTシャツやニットを合わせるのがフランス人の基本スタイル。あとはパーティー用のドレスと、冬のコートがあればクローゼットは出来上がり。

日本人のようにトレンドを追いかけたり、あれもこれもと着飾ることはありません。1週間に同じ服を何度も着ます。

photo by shutterstock

私もフランス人にならって、トレンドに左右されない(ここがポイント)、最高に気に入った服だけを残してみました。シンプルな洋服はどんな組み合わせでも合うので、日々のコーディネートに悩むことがなくなったのはもちろん、旅の荷物が圧倒的に減りました。

 

ナチュラルなメイク

photo by shutterstock

フランス人のメイクは目元とリップで出来上がり。10分以内で支度のできる人がほとんどです。メイクに時間をかけないということは、そもそも使う化粧品が少ないということ。フランス人は保湿クリーム1本で全身を済ませます。

彫りの深い顔立ちが羨ましい限りですが、ナチュラルメイクを心がけると荷物は確実に減ります。

 

これってchic?

フランス人は迷った時の判断基準をもっています。レストランでメニューを選ぶ時も、ショッピングの時もとにかく決断が早いんです。

ホームステイ先のママの「chicかchicじゃないか」という基準がとってもカッコよかったので、私も真似してみたら日常生活でも判断に迷うことがなくなりました。

photo by shutterstock

私の理想の旅人のイメージは「シンプル」だったので、ギュウギュウに詰めたバックパックはchicじゃない、ということでどんどん持ち物が減りました。

 

旅のお土産はモノより思い出

日本では旅行に行ったらお土産を配るのが一般的になっていますよね。だけど正直、お土産を選ぶのって難しいし、お金もかかるし、荷物も増えて負担になっていませんか?

photo by shutter stock

法律で年5週間の有給休暇が保証されているフランスでは、まとめて3週間のバカンスを取ることも珍しいことではありません。そんな旅行が大好きなフランス人の旅のお土産は「モノより思い出」なんです。

photo by shutterstock

バカンス明けの週末にはホームパーティーを開いて、お互いの写真を見せ合いながら旅先での体験を語り合う。この習慣を取り入れてみたら、帰りの荷物が減ったのはもちろん、友達の旅の話が情報収集にもなって、一石二鳥!

 

身軽に旅に出よう!

photo by shutterstock

普段の生活からシンプルな生活を心がけていると、少ない荷物で旅をしてもストレスを感じずに過ごすことができます。簡単に取りいれることのできる習慣なので、ぜひ実践してみてください!

関連記事リンク(外部サイト)

トラベラーズノートのかわいいアレンジ・素敵な使い方まとめ♡
無料観覧日をねらって0ユーロでバルセロナを満喫しよう!
野外フェスへ持参すべき14の持ち物
思わず息を飲む美しさ!心の中を照らすような白い街並み7選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP