ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キューバ観光決定版!世界4周目の旅人が治安から食事まですべてご紹介します

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界一周をしている人たちに例えばこんなアンケートをしたとしましょう。

「今、行っておくべき国はどこだと思いますか?」

その答えで間違いなく上位に入ってくるのは“キューバ”だと僕は考えています。
 

ニュースでも話題になっていましたが、キューバは以前までアメリカと国交を絶っていたのですが、昨年よりアメリカとの国交を徐々に回復させていき、現在急激に変化をしている国と言えるでしょう。

という事は、今までのキューバの雰囲気は幾分か変化する事になると思われます。
 

キューバを訪れた人にキューバの魅力を尋ねると、大半の方が、他の国とはまったく異なった空気感を味わえる事だと言います。

そういった意味でも、「今、行っておくべき国は?」と聞かれた時にキューバと答える人が多いと思うんです。
 

今回はキューバを実際に旅した旅丸のshoがキューバ旅の情報をみなさんにお伝えしたいと思います。
 

キューバで訪れるべき観光地はどこ?

キューバはそこまで大きな国ではありませんが、それぞれの都市で楽しみがいろいろあります。

クラッシックカーとチェ・ゲバラで溢れる首都ハバナ

街中を走るクラッシックカーは日本ではなかなか見かける事がないものばかり。

まるで過去にタイムスリップしたような雰囲気を味わえるのがハバナです。

キューバの玄関口になりますので、最低でも二日ほどは時間を取っていただきたいですね。

高級ホテルでオールインクルーシブホテルを経験するバラデロ

ハバナの北部にバラデロと呼ばれるリゾート地が存在します。

こちらバラデロの名物といってもいいのが、オールインクルーシブホテルです。

ご飯も食べ放題、お酒も飲み放題、プライベートビーチで泳ぎ放題、なんでもかんでもやり放題。それがオールインクルーシブ。

しかも、料金は安ければ2000円ほどから見つけることができます!

五つ星の豪華なホテルでも一万円以内で泊まれる事もありますので、これは見逃すわけにはいきませんね!

ゆったりとした時間が流れる古き良き街トリニダー

キューバの中部に位置するトリニダーはキューバの他の都市と比べると、古い町並みが目立っています。

カラフルな壁の町並みは見ていて飽きる事がなく、どことなく落ち着いた雰囲気さえ感じます。

世界遺産にも指定されているトリニダーの町並みを是非見てください!

穏やかな雰囲気が漂う小さな港町バラコア

キューバの東の大都市サンティアゴ・デ・クーバからさらに東へ行くと、小さなバラコアという街に到着します。

バラコアはキューバ最初の首都であった事から「最初の町」と呼ばれてるんですよー!

しかも、あのコロンビアがキューバを発見した時、最初に降り立ったのがこのバラコアだったんです!

これは見逃すわけにはいきませんね!
 

キューバではどんな所に泊まるの?

キューバの宿泊事情は少し他の国とは変わっています。

キューバにもホテルはありますが、それ以外にもカサ・パルクティラルと呼ばれる民泊スタイルが存在します。

大半のバックパッカーはホテルには泊まらず、この民泊スタイルで宿泊しているようです。

この民泊はきっちりと政府に認可されている宿泊施設ですので、安心して泊まる事ができます。

そして、大半のお家では有料で晩御飯のサービスなども提供してくれます。

外食するよりも安く、そして家庭の味が楽しめるという点も嬉しいですよね!

民泊の見つけ方ですが、長距離バスで移動をする場合、大抵バスターミナルで看板を持っている人たちがいらっしゃいます。

その方と交渉して部屋を見に行くのも良いですし、タクシーの運転手にオススメの宿を教えてもらうのも一つの手段です。

キューバの玄関口であるハバナには日本人バックパッカー御用達の宿もありますので、その宿でこれから先のルートの宿に目星をつけておくのも良いでしょう。
 

キューバでは何を食べたらいいの?

キューバで絶対に食べていただきたいのがロブスター料理ですね。

ロブスターは他国では大変高級料理として有名ですが、キューバでは比較的安く食べる事ができるんです。

レストランで食べたとしても1000円前後で食べる事ができるんです。

ローカルレストランではこういったハムやソーセージを使った料理がよく食べられています。

お肉料理というよりは加工食品がよく出てくるイメージですね。

そしてキューバ名物のピザ。

このピザ、1ピースでたったの20円ほどなんです。安い…安すぎる…

ただ、皆さんが想像しているようなピザではありませんよ〜!その実態は…キューバで試してみてくださいね!
 

キューバ人ってどんな人?

キューバの人はとっても明るくておしゃべり大好き!

大半のキューバ人はとってもフレンドリーで、こちらがスペイン語を話せるかどうかなんてお構いなしでどんどん話しかけてきてくれます。

仲良くなるといろんな場所に連れて行ってくれ、キューバの事を色々教えてくれたりもします。

本当に明るくて愉快な人たちが多いのがキューバ人の特徴だなぁと僕は思っています。

大半のキューバ人の方はとっても気さくで友好的なのですが、時折「チーノチーノ(中国人の意味)」と街中でひっきりなしに言われる事があります。

彼らの気持ちはどういったものなのかはわかりませんが、あまりにも言われすぎてちょっとうんざりする事もあるかもしれませんね。
 

キューバで気をつける事は?

キューバは中南米・カリブ海の中でも比較的安全な国として知られています。

夜間に外出しても特に問題はなく、大きなトラブルに巻き込まれる事は少ないでしょう。

しかし…そんなキューバで僕は首しめ強盗にあってしまいました。

時間はまだ夜の22時頃で、宿に戻ろうと思いバスを探していたら四人組のキューバ人男性が声をかけてきたんです。

彼らと話をしている内に、仲良くなりしばらく一緒に話をしていたのですが、最後僕を宿に送って行ってくれる途中、突然背後から首を絞められ、ポケットからスマートフォン等を奪われてしまいました。
 

あまり強盗事件などが発生しないのか、警察に行っても「本当に被害にあったのか?」と何度も聞かれる程でした。

頻度は少ないかもしれないですが、夜間に一人で外を出歩くのはやめたほうがいいかもしれません。
 

キューバの物価ってどれくらい?

キューバは世界でも珍しい通貨が二種類ある国なんです。

cupと呼ばれる通貨は主にキューバで暮らしている方が使う通貨。

ちょっとした買い物や食事の際に使う通貨になります。

もう一つがcucと呼ばれる通貨で、観光客などは主にこちらの通貨を使う事になり、宿代やレストラン、長距離移動などの際に使用します。

もちろん、cupで購入できるものに関しては観光客も使用できます。

写真のようなパスタはレストランというよりは大衆食堂で食べるものになりますので、観光客もcupで支払いが可能になります。

料金は驚愕の70円程でした。

長距離バスはこのVIAZULという会社のみしかありません。

夜行バスで大体2000円から3000円程になりますので、安くもなく高くもないといった所かとおもいます。

cupで乗るバスに関しては安ければ5円程度で乗れたりする事もあります。5…5円って…
 

宿代も民泊であれば1000円から1500円程度で泊まることができ、一部屋あたりの料金になる場合が多い為、人数が多ければ安く泊まる事が可能になります。

一人で旅する場合は値段交渉次第で安くしてくれる場合もたくさんあります。
 

おおよそですが、一日あたり3000円から4000円程度が平均的な料金になるかとおもいます。

もちろんcupを多めに使用する旅をすれば、旅の費用はぐっと抑えられますので、旅のスタイル次第になりますね。
 

急げ!キューバが変わるその前に!

all photos by sho

キューバを二週間程旅しましたが、本当に不思議な国だったなぁと思いました。

他の国とはまったく異なったシステムや環境、そして空気感…ありとあらゆるものが特別なキューバ。

そのキューバは今にも変わろうとしています。
 

果たして変化した後のキューバはいったいどんな国になるのでしょうか?そこも楽しみではありますが、やはり今のキューバを経験するには今行くしかありません。

ぜひ、多くの方に訪れていただき、キューバという不思議で魅力的な国をその身で体験していただきたいですね!
 

↓↓世界中の情報が満載の世界一周ブログ「旅丸」はこちらから↓↓


関連記事リンク(外部サイト)

JALが6月・7月も引き続き燃油サーチャージゼロにすることを発表!
海外旅行の宿泊先探しに便利なサイトまとめ
旅好き男子と今すぐ付き合うべき7つの理由
東京⇔アメリカ間が日帰り可能!今までの2.6倍の速さで飛ぶ超音速旅客機「Boom」とは

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP