体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知らず知らずのうちに使っている「呼応表現の誤り」あるある

知らず知らずのうちに使っている「呼応表現の誤り」あるある
f:id:k_kushida:20160707163102j:plain

■日本語の代表的なルール「呼応表現」を知っていますか?

日本語には「たぶん〜だろう」のように、ある言葉を使ったときに、決まった言葉で受けなければいけないものがあります。これを「呼応表現」といいます。呼応表現は、日本語のルールのひとつです。

ところが、このルールを守れていない文章をよく見かけます。呼応表現が正しく使えていないと、ちぐはぐで稚拙な文章になりかねません。文章の据わりが悪く、論理も破綻しているため、読む人に負担を強いることにもなります。

本記事では、「誤った呼応表現」と「正しい呼応表現」を比較しながら紹介していきます。

■「受ける言葉」を間違えると「悪文」になる

理由を表す接続詞「なぜなら~」は、「~(だ)から」で受ける必要があります。「なぜなら〜」は「結果+理由(原因)」の文章に使われます。

【原文】

20代は、いろいろな職種を経験したほうがいい。なぜなら、ひとつの職種しか経験していないと、人間の幅が狭くなってしまう。

【修正文】

20代は、いろいろな職種を経験したほうがいい。なぜなら、ひとつの職種しか経験していないと、人間の幅が狭くなってしまうからだ。

同じく、「結果+理由(原因)」の文章には、「〜したのは」を「~(だ)から」で受ける文型もあります。

【原文】

司法試験に合格したのは、勉強を頑張ったのだ。

【修正文】

司法試験に合格したのは、勉強を頑張ったからだ。

さらに、「テーマ(夢、目標、)+内容」の文章には、「~は」を「~こと」で受ける文型があります。

【原文】

わたしの目標は、世界で渡り合える人材の輩出です。

【修正文】

わたしの目標、世界で渡り合える人材を輩出することです。

「目標は」を「輩出することです」で受けた修正文では、正しく呼応表現が使われています。

【原文】

最大の不安は、来期の業績が予想できないからです。

【修正文】

最大の不安、来期の業績が予想できないことです。

テーマを示す「最大の不安は~」の受けに、理由や原因の受けに使う「~(だ)から」を組み合わせるのは誤りです。ここはテーマの内容を受ける「〜こと」を使わなければいけません。

ほかにも、「〜は」を「〜にある」で受ける文型もよく使います。後半の「〜」には場所や所在、在処(ありか)、ポイントなどに関連した言葉が入ります。

【原文1】

責任は、富里課長だ。

【修正文】

責任、富里課長にある

【原文2】

仕事のコツは、時間管理だ。

【修正文】

仕事のコツ、時間管理にある

「〜には」を「〜がある」で受ける文型もよく使います。

【原文1】

このスクールでは、規則がある。

【修正文】

このスクールには、規則がある

【原文2】

ファミレスでは、さまざまな誘惑がある。

【修正文】

ファミレスには、さまざまな誘惑がある

「あわや」は、「あやうく」の意味。つまり、危険などがその身におよぶ直前を指す言葉です。ハッピーな出来事や好ましい出来事と結びつけて書くと、おかしな文章になってしまいます。

【原文】

あわや過去最高の売上を記録するところでした。

【修正文】

あわや過去最低の売上を記録するところでした。

「あわや」を用いるのであれば、「過去最低の売上」という具合に、マイナスな意味の言葉と結びつける必要があります。

もしも「過去最高の売上」を残すのであれば、「あわや」を用いずに、「あと少しで過去最高の売上を記録するところでした」のように書いたほうがいいでしょう。

■まだまだある! よく使う呼応表現21選!

f:id:k_kushida:20160601103559j:plain

◆推量の言葉(「おそらく」「たぶん」「きっと」「やがて」「もしかして」)は、語尾に想像や推量(〜だろう/〜はずだ/〜かもしれない等)を伴います。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。