ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヴィンテージ市場で人気のスティグ・リンドベリ「ベルサ柄」がついに復刻!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スティグ・リンドベリ生誕100周年記念で復刻

今年2016年は、北欧デザインの巨匠・Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)の生誕100周年の年。これを記念し「BERSA(ベルサ)柄の復刻アイテム」が発売されています。

スティグ・リンドベリは1916年、スウェーデン生まれのデザイナー。スウェーデンを代表する陶磁器メーカー・GUSTAVSBERG(グスタフベリ)に入社し、その手腕をふるいました。

今回発売されたのは、リンドベリを代表する作品「ベルサ」柄。深みのあるグリーンと黒くクッキリとしたラインで描かれた葉が印象的なデザインで特に高い人気を誇ります。

オリジナル版が製造されたのは1960~1974年の14年間。当時としてはインパクトのあるデザインで、社内から製品化を反対する声が出るほどだったそう。しかし実際は当時も今も多くの人々の心を掴み、オリジナル版はヴィンテージ愛好家達から愛されるコレクションアイテムとなっています。

復刻アイテムはキッチンタオル、コースター、カッティングボード、トレーなど日常使いできるものばかり。ほとんどがスウェーデン製で、一部はドイツ製。コットン、リネン、白樺集成材など天然素材を使用しており、使用感と耐久性にこだわったグッドデザイン、ハイクオリティな製品に仕上がっています。

これまでベルサ柄といえばヴィンテージ品を探すしかありませんでしたが、復刻により新品を手に入れられるようになりました。ずっと探していたという方も、初めて見て気に入ったという方も、この機会にぜひ手にとってみてはいかがでしょうか。

なお2016年7月13日(水)から26日(火)まで、東京・池袋の西武池袋本店7階インテリアフロアにてスティグ・リンドベリ生誕100周年記念の商品販売が開催されます。こちらもお見逃しなく。

スティグ・リンドベリ生誕100周年復刻アイテム「ベルサ柄」

アイテム:キッチンタオル、コースター、カッティングボード、トレー、ナプキン、カップ、ソーサー他

製造:スウェーデン(一部ドイツ)

素材:コットン、リネン、白樺集成材など

スティグ・リンドベリ生誕100周年記念の商品販売

会期:2016年7月13日(水)~26日(火)

会場:西武池袋本店7階インテリアフロア

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

オランダ発moooi(モーイ)の世界4店舗目のオンリーショップが青山にオープン!
武蔵野市民文化会館のベンチやライトを再利用! メモリアルグッズ販売中
木のカリモクと革のエンダースキーマがコラボ! サンダルとシューメーカーチェアのカプセルコレクション

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。