ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

すべてを歌に込めたディーバの「本当の姿」とは・・・ エイミー・ワインハウスに迫ったドキュメンタリー映画『AMY エイミー』

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ただ歌いたいだけ。すべてを歌に込めたディーバの”本当の姿”とは…
エイミー・ワインハウスに迫った必見のドキュメンタリー『AMY エイミー』

18歳でデビューしてアルバムを2枚リリースし、27歳の若さで生き急ぐかのようにこの世を去ったエイミー・ワインハウスを描いた映画『AMY エイミー』が、7月16日(土)待望の日本公開を迎える。第88回アカデミー賞(R)《長編ドキュメンタリー賞》を始めとする数多くの受賞によって注目を集める話題作だ。イギリス、アメリカで大ブレイクした2000年代最高のディーバと呼ばれたエイミー・ワインハウスとは…。

映画『AMY エイミー』は、英国で⼤ヒットしたドキュメンタリー『アイルトン・セナ~⾳速の彼⽅へ』のアシフ・カパディアが監督をつとめる。エイミーと同時代を⽣きた彼は、「私にとってエイミーは、すぐ傍らにいる存在で、私の知り合いの誰かの友だちだったかも知れない。だからこそ彼⼥の”本当の姿”を調べなければならないと思った」と語る。
映画は、まだあどけなさの残る少女たちの誕生会で幕を開ける。イギリスの片田舎に育った3人の少女たちの微笑ましい姿。子どもと大人の境界線にいる彼女たちが、互いをビデオで撮り合ったものだ。誕生日を祝うホームパーティで、棒付きキャンディを口にしている女の子がひとり。あどけないしぐさを見せる彼女が歌い始めた瞬間、そこには成熟したシンガーの片鱗が姿を現す。16歳のエイミー・ワインハウスだ。顔の輪郭が整い、誰もが知るエイミーの顔。マイクではなく棒付きキャンディを手にした彼女は、まだ幼なさが残る2人とは異なり大人びた顔をしている。

『AMY エイミー』では、エイミー・ワインハウスの素顔をとらえた映像が次々と紹介されていく。ホームビデオで撮られたプライベートな姿、恋人やマネージャーとの日常、飾り気のない無垢なままの彼女がそこにいる。早朝、寝ぼけ眼でコンサート会場に向かう姿。レコード会社のロビーでギターを弾きながら歌い周りを驚かせる一瞬。彼女の運命を変えてしまう恋人との出会いと別れ、そして再会と更なる訣別。気の弱い母、デビュー後に再会するビジネス押しの父親。信頼するマネージャーとの親密な時間。思ったことをズケズケと口にする取材風景。誕生日を祝い合った2人の親友との交流など、膨大な映像を丁寧につなぎあわせた編集によって、彼女の生きた軌跡が浮き彫りになっていく。

幼き日を振り返る母。アルコールやドラッグにまみれた私生活を共にした元夫。身も心もボロボロになるまで追いつめられた彼女にツアーを強行させようとした父。理不尽なメディアの攻撃にさらされた彼女を守ったボディガード。敬愛するジャズ・シンガー、トニー・ベネット。そして誕生日を祝い合った親友たち…。監督は、彼女と時を共にした人々の証言によって、エイミーの”本当の姿”に迫っていく。
やがて、エイミーの歌の中に”本当の姿”が詰め込まれているという真実が浮かびあがる。16歳で音楽業界に飛び込んだ女の子は、自身が求め続けたことのすべてを歌に込めた。恋人、友だちと家族、酒とドラッグ、自らの実体験と日常を親密な人だけに伝えようとする彼女の歌。それは孤独な魂の叫びであり、内に秘められた魂の告白だ。

   私たちは何度もさよならを交わした。私はとっくに100回以上死んでるわ。
   でも、あなたは彼女のもとに消えてしまう。だから私は”暗闇”に帰って行く。
   闇、闇、闇、真っ暗な闇へ
                     ♪「Back to Black」より

切実に、真っ直ぐに、あまりにも無防備な彼女は、愛されることを求め続けた。その生きた証である”心の叫び”は、残された楽曲となって永遠の生命を宿している。

   「私は自分のことしか歌えない。ただ歌いたいだけ。」
                     エイミー・ワインハウス

映画『AMY エイミー』7月16日(土)より角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ新宿ほか全国ロードショー

■映画『AMY エイミー』公式サイト:amy-movie.jp

エイミー・ワインハウスとは…

1983年、英国のミドルフィールドで生まれたエイミーは、16歳でプロのシンガーを目指す。
19歳でレコード会社と契約、デビューアルバム「Frank」をリリースしたのは20歳の時。
2006年にセカンドアルバム「Back to Black」を発表、シングルカットされた「Rehab」が世界的に大ヒット。
2008年には、ロンドンから参加したグラミー賞で《最優秀新人賞》《最優秀楽曲賞》など主要5部門に輝き、25歳で一躍セレブリティとしてメディアから注目される。それは、彼女の私生活がマスコミの格好の餌食となることを意味していた。この喧噪を避け一時活動を休止。
2011年3月、敬愛するトニー・ベネットのレコーディングに参加し、スタンダードナンバー「Body and Soul」をデュエット。6月に欧州でコンサートツアーを開始するが、セルビア公演で酔ってステージに現れ、その後の全公演が中止される。そして7月23日、彼女は永遠に旅立ってしまう。死因は心臓発作だった。

『エイミー』サウンドトラック情報 (価格:2,700円(税込) UICY-15525) 発売中♪
劇中に流れるエイミーのオリジナル楽曲、多数の貴重なライヴ音源、トニー・ベネットとのデュエット曲「Body and Soul」、アントニオ・ピントによる劇伴など全23曲を収録(エイミー・ワインハウス名義の楽曲11曲)

■サントラリンク:universal-music.co.jp/amy-winehouse/

(C)2015 Universal Music Operations Limited.
(C)Rex Features (C)Nick Shymansky Photo by Nick Shymansky (C)Winehouse family
(C)Juliette Ashby

■今月のAOL特集
夏フェスに集うセレブたち【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

かまってかまって!真面目なリポーターをジャマするウマがひょうきん者すぎるwww【動画】
桐谷美玲の80年代風ボディコン姿が可愛すぎる!「伝説の美脚クイーン」田中美奈子の現役感もすごい「ワイモバイル」CM映像
嵐・櫻井翔がSexy Zone・菊池風磨に贈った「哲学的名言」を有吉が酷評www 「レベルの低い相田みつを」
独立記念日に午後ローで放送された『インデペンデンス・デイ2014』にザワつく視聴者続出 「ウィル・スミス出てなくね?」
子供たちによる微笑ましい「パパの似顔絵」の中に超リアルな肖像画が混じってるwwwと話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP