ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

所長が語るVR ZONE新作『MAX VOLTAGE』『ボトムズ』の魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年7月7日に開催された、HTC NIPPON株式会社主催のイベントにて、株式会社バンダイナムコエンターテイメントの小山 順一郎氏(通称、コヤ所長)がVR ZONE(https://project-ican.com/)で7月15日より体験することができる新作『MAX VOLTAGE』『装甲騎兵ボトムズ』の魅力について語りました。

スーパースター体感ステージMAX VOLTAGE

『マックスボルテージ』は、”自分がスターになったら”というコンセプトで、2000人もの観客を前にしたライブのスターの気持ちを体験することができるVRアクティビティです。

ライブ会場を思わせるような防音室の中でヘッドフォンをつけ、マイクを持ち、観客に向かって叫んでみたりマイクパフォーマンスを行ったりすることができます。

観客に向かって、歌や掛け声、手を振るなどのパフォーマンスに反応して、観客はどんどん盛り上がっていき、ライブを最高潮に盛り上げて全身でライブを感じることができる、とのこと。

ライブステージに向かうところから体験が始まるとのことで、ライブステージへ向かう気分を味わったり、観客とのインタラクションを是非、体感してみたいものです。

体験時間:9分

装甲騎兵ボトムズ

33年前にアニメ化された『装甲兵器ボトムズ』をVRアクティビティとして復活させたこのVR-ATシュミレーター。非常に狭いコックピットに乗り込み、筐体を操作させ1対1のリアルバトリングが体験でき、その密閉感はかなり”リアル”とのこと。

筐体の動きと画面の動きが完全に連動して動いているため、自分が操作しているという臨場感を表現している。

その他にも、格納庫では自由に歩き回れたり、筐体を外から観察できたり、装備を確認することができるそうだ。実際にVRをつけて操縦する姿は、まさにアニメ『装甲騎兵ボトムズ』のキリコそのものとのことです。

体験時間:8分

(関連記事)
VR ZONEに新たにボトムズとスーパースター体験が追加
お台場のVRアトラクション体験施設「VR ZONE」体験ガイド&レポート

(参考)
VR ZONE公式サイト
https://project-ican.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP