体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京・大塚】たまには保守的に。知り尽くしているからこそ行きたい、日本酒こだわりのお店

海の幸の宝庫、気仙沼を中心に東北の美味しいものを大塚に。みちのくを想う日本酒の味わいは格別

【大塚みちのく。】JR 大塚駅・南口より徒歩3分

豊かな自然に恵まれる、東北の産直食材をふんだんに使用した料理が自慢のお店。イカの中でも旨味が強いスルメイカをわたで煮焼きするひと品や、気仙沼港で水揚げされる新鮮なサメのハツ(心臓)など、土地の珍しい料理に触れながら、美味しい日本酒を楽しみましょう。

気仙沼の地酒を中心に、陸奥のお酒を堪能できる充実ぶり。

新鮮でないと食せない、サメのハツ『もうかの星』

独特の雰囲気ながらも、なかなか味わいのある店内空間。みちのくにどっぷりつかりましょう。

大塚みちのく。

大塚みちのく。

大塚 / 居酒屋 平均予算: ランチ~1000円 ディナー~4000円 アクセス: 東京都豊島区南大塚2-40-3 ゆたかビル1F

日本酒好きが集まる蕎麦屋。香りを大切にする場所だから、お酒の味わいにも絶対の信をおく

【手打ち蕎麦 にわ】JR大塚駅より徒歩4分

香りや風味という点で、その味わいを極限まで研ぎ澄ませて楽しめるのは、まさしく蕎麦屋。自家製のぬか漬け、大山鶏塩焼きなどは、日本酒を少しずつ楽しみながら香りと風味のわずかな変化を捉えて楽しむ料理です。もちろんこれまでの通人のように、熱々のそばつゆに浸った天ぷらをいただく”天ぬき”などに興じてみるのもあり。店主こだわりの銘酒の数々を、自分流で楽しんでみましょう。

珍しい日本酒がそろう、店主こだわりのラインアップ。

鶏の旨味を引き出す塩焼き。シンプルな素材を日本酒で味わう。

〆にはもちろんそばを。日本酒を振りかけて食べる人もいるとか。

1 2次のページ
HOT PEPPER グルメ WEBマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。