ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

格闘技ファン必見!世界最大の総合格闘技イベント『UFC』の4K放送開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『UFC』は、世界で最も規模の大きい総合格闘技イベントである。世界から超一流の選手が集結し、PPV放送は常に巨額の利益を生み出している。

そんなUFCが、新しい取り組みを始めた。今週土曜日に行われるUFC200から、4K対応の中継が実施されるのだ。

ついに始まった4K対応中継

今回のUFC200は、メインカードがブロック・レスナーVSマーク・ハントということで注目度が特に高い。

そしてその中で、格闘競技では初の試みとなる4K放送が行われる。視聴可能地域はアメリカおよびカナダに限定される。

この放送のプロバイダーはNeulion社。視聴希望の視聴者はソニーの2015年型か2016年型の4Kテレビと、59.95ドル(約6000円)のストリームチケット購入が必要になる。

リングサイドの臨場感を

4KテレビによるUFC放送は、従来のものとは臨場感がまったく異なる。

1秒間に60フレームという表示速度で、パンチ、キック、テイクダウンの動作をより強烈に実感できるようになるのだ。

レスナーとハントというヘビー級のトップファイターが、4Kの迫力を拳で世に知らしめる時が刻一刻と近づいている。

The Verge

Digital Trends

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP