ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新しい「日本のパスポート」には北斎の浮世絵が?その斬新な中身とは・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リオ五輪が約1ヶ月後に開幕を控えていますが、4年後の2020年「東京五輪」もあっという間に目の前に迫ってきそうです。

そんな東京五輪の前年である2019年までをメドに、パスポートの中身のデザインが一新される予定だとか。しかも、全ページでデザインが違うらしいんです。

世界に知られる
北斎の「冨嶽三十六景」

出典:外務省ホームページ

外務省によれば、表紙は現状のままで、中には葛飾北斎の「冨嶽三十六景」が採用されるとか。ちなみに現在は「桜」がモチーフになっていますが、これを一新。

新しいパスポートでは見開きごとに北斎の各作品を入れることで、世界的にも広く知られる「富士の浮世絵」をさらにアピールする形に。

また、全ページでデザインが異なることは偽造対策にもなるそうです。

36景のうち、使われるのは24作品。どのページにどの作品が入るかチェックするのも楽しいかも。

出典:外務省ホームページ

今回の発表について、米メディアの「Travel+Leisure」は、『日本のゴージャスな新パスポート』と表現。しかし、決して否定的な意味ではありません。

「日本は素晴らしい自然とモダンなデザインで知られている国だし、その美学がパスポートに反映されたとしても驚かない」

とのこと。

ゴッホやモネなど、ヨーロッパの印象派にも大きな影響を与えたと言われる葛飾北斎。そのスピリッツを片手に海外へ行くなんて、同じ日本人としてなんだか胸が高まりますね。

Licensed material used with permission by 外務省
Reference:Travel+Leisure

関連記事リンク(外部サイト)

2016年に訪れたいヨーロッパの町ベスト15はココだ!
なんの変哲もない街の電球。実は、夜になると・・・(ポルトガル)
アジアのエクストリーム寺院8選。もはや、道中が大冒険!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP