ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水滴の中に閉じ込めた世界は、こんなにも美しかった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

部屋の窓辺にぽつりと落ちてきた雨のしずく。一粒の水滴に目を凝らすと、自分が生まれ育った街の印象が、全く違って見えたんだ──。

ブルー・モスク
(イスタンブール)

サグラダファミリア
(バルセロナ)

聖サワ大聖堂
(ベオグラード)

国会議事堂
(ベオグラード)

ゲネクス・タワー
(ベオグラード)

アダ橋
(ベオグラード)

エンパイアステートビル
(ニューヨーク)


ニューヨーク公共図書館
(ニューヨーク)

グランド・セントラル駅
(ニューヨーク)


フラットアイアンビル
(ニューヨーク)

グッゲンハイム美術館
(ニューヨーク)

マンハッタン
(ニューヨーク)



ブルックリン橋
(ニューヨーク)

水滴の表面に映り込む都市をマクロ撮影したのは、セルビア人フォトグラファーのDusan Stojancevicさん。地元ベオグラード、ニューヨークを中心に、都市ごとのランドマークを水滴のなかに閉じ込めていくこの技法、こんなに上手には撮れないかもしれないけど、ちょっとマネしてみたくなります。だって、ありきたりの旅行写真より、よっぽどフォトジェニックなんだもん。

Licensed material used with permission by Creative Light

関連記事リンク(外部サイト)

きっと、何かを見逃してしまう「写真」です
イギリスの写真家が出会った、世界の「少数民族」
各国の小学4年生に「3つの質問」をしてみた結果

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP