ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

星空と東京の夜景を楽しめる「高尾山」の魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜-木曜14時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー「KODANSHA HERE AND THERE〜for reading」。7月7日のオンエアでは、「七夕」にちなんで、東京で天の川を仰ぎ見ることができる場所、高尾山を紹介しました。

新宿から電車で約1時間、標高599メートルの高尾山。東京の人々に気軽な登山スポットとして親しまれてきましたが、2007年には某ガイドブックで三つ星を獲得し、全国区で有名になりました。年間260万人の人が訪れ、登山客数世界一とも言われています。

その人気の理由は、アクセスの良さ、登りやすさ、そして山頂からの壮大な眺めです。展望台から西側には富士山が、東側には関東平野の街並みが一望できます。日中は大パノラマが広がり、夜には都会の夜景の上に降ってきそうな星空が広がります。夏には夏の、冬には冬の星座がきらめきます。

そんな高尾山で読みたい本として紹介したのは、谷川俊太郎の『沈黙のまわり』。高尾山の山の上で、星空を待ちながら日中に開きたい1冊です。

さて、ある意味では「世界一親しまれている山」とも言える高尾山、登山ルートも初心者に優しい道のりになっています。大きく7つのコースがあり、特に1号路と呼ばれるコースは完全舗装されているので、初心者でもスイスイ登れてしまうそうです。さらに、ゴンドラやリフトもあるので、疲れずに早く頂上に登りたい人にはおすすめです。どのルートも違った景色が楽しめるそうなので、季節ごとにルートを変えて登ってみるのも楽しそうですね。

そして今の季節、高尾山ではバイキング形式のビアガーデンが開かれています。50年の歴史を誇る老舗のビアガーデンで、ビール片手に雄大な自然を楽しんでみてはいかがですか?

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

裸足で読書したい場所 油壺でビーチリーディング!(2016年05月17日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1593.html

「森と星空のキャンプヴィレッジ」でグランピング体験(2016年05月21日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1616.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。