ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【レシピつき】利尿作用やむくみ防止にも!低カロリーのナスを美味しく食べてダイエット!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


焼く、煮る、揚げる、蒸す、生で、などどのような調理方法でも美味しく食べられるナス♪和・洋・中どの料理でも大活躍の食材ですね。今回は洋風にアレンジしたレシピをご紹介いたします!

ナスはとっても低カロリー

ナスは94%が水分なので低カロリー。ダイエット中には嬉しい食材です。水分が多いということは便秘解消にも役立ちます。また、カリウムが豊富なので利尿作用があり、むくみ防止効果も期待できますよ♪

焼きナスを洋風にアレンジ

普段は焼きナスにはしょうが醤油をかけて食べることが多いかと思います。今回は少し趣向を変えて洋風にアレンジしてみました。たっぷりの夏野菜と一緒に食べることで、栄養もぐんとUPします!

ラビゴットソースをかけて爽やかなサラダ風に。とってもヘルシーで見た目も華やか。ワインにもぴったりですよ。ちなみに、「ラビゴット」とはフランス語で「元気を出させる」とか「元気を回復させる」という意味です。ジメジメとしていて、だるく感じることも多い時季ですが、元気に過ごしたいものですね!!

「焼きナスのラビゴットソースがけ」のレシピを紹介します。


<材料 (2人分)>
ナス        2本
パプリカ(赤)   1/4個
パプリカ(黄)   1/4個
きゅうり      1/2本
セロリ       5cm
オリーブオイル   大さじ1
塩         適量
こしょう      適量
レモン汁(または酢) 小さじ1

<作り方>
1.なすはグリルか焼き網で焼いてから皮をむき、ヘタを切り落として食べやすい大きさに切り、冷蔵庫で冷やしておく。
2.パプリカ・セロリ・きゅうりを5mm角くらいの大きさに切り、塩・こしょう・オリーブオイル・レモン汁で和える。
3.お皿に1を並べ、2をかける。

※ナスには何も味をつけていないので、ラビゴットソースの塩加減は少し強めにしても大丈夫です。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

マンネリと似ている?長続きする仲良しカップルの特徴とは
スマホによる表情シワや悪姿勢で、印象ダウン!愛され真顔のつくり方
【たった1分の習慣がカラダを変える!美脚編】ふくらはぎをスッキリ細くするストレッチ
ウエスト−3㎝!座ったままできる、くびれづくりトレーニング
肌質は季節ごとに変わる?夏肌に備えるために必要な2つのポイントとは

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP