体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

凛として時雨、自主企画イベントツアーファイナルを新木場STUDIO COASTにて開催

エンタメ
凛として時雨、自主企画イベントツアーファイナルを新木場STUDIO COASTにて開催

Photo by 河本悠貴
凛として時雨が6月より、全国8カ所で行った自主企画イベント「凛として時雨Presents “トキニ雨#15”~Hybrid Tornado Edition~」。そのツアー・ファイナルとなる東京・新木場STUDIO COAST公演が7月7日に開催された。

同会場で行われた6日のセミファイナルには、“パーフェクト・ゲスト”として「PERFECT HUMAN」で世間を騒がせているRADIO FISH、さらにドラムのピエール中野が“パーフェクトDJ”として登場し、フロアを湧かせたが、最終日となるこの日はワンマン・ライヴとして開催。満員の会場は開演前から熱気であふれていた。

Photo by 河本悠貴
開演時間となりフロアにノイズが響くと、会場の熱気はますます高まっていく。そしてTK(Vo&G)、345(Vo&B)、ピエール中野(Dr)がステージに現れ、さあ一気に爆発だ――と思った瞬間、3人が奏で始めたのは、ダウナーなビートを軸にした「mib126」だった。凛として時雨の楽曲のなかでも、ひときわトリッキーな構造をもつこの曲。途中でテンポアップしてテンションを上げるも、複雑なフレーズが絡み合ってうねる独特のグルーヴに翻弄され、思わず口を開けてステージを凝視してしまう。とまどいと緊張に満ちたフロアをよそに、3人はそのまま間髪入れずに「想像のSecurity」へとつなぎ、今度はドライヴ感のあるリズムで一気に走り出す。ここで堰を切ったように声を上げ、高く飛ぶ観客たち。どうやらいきなり3人の術中にハマったようだ。彼らは冒頭2曲だけで、完全に場の空気を支配してしまった。

Photo by 河本悠貴
そのまま「DISCO FLIGHT」など激しい曲をたたみかけていくが、なかでも「Enigmatic Feeling」は圧巻だった。この曲はとにかく3人の出す音数がハンパなく多い。ギター、ベース、ドラムが弾丸のような音を切れ目なく叩き出し、その音がガッチリと結びつき、カタマリとなって押し寄せてくる。とても3人で出しているとは思えない音の厚みに圧倒される。

そして、この「Enigmatic Feeling」の対極に位置していたのが、次に演奏された「illusion is mine」だった。345がメインで歌うこの曲は、彼女の澄んだ歌声が際立つよう、前半部分は音数が抑えられている。TKもギターを持ち替え、少し丸みを帯びた音を奏でる。水中で揺らめくようなグルーヴが幻想的なムードを生み、その音色は心の一段深いところへ入りこんでくるような気がした。その心地いい感覚は、「Who What Who What」など人気曲が繰り出される中盤のパートでもずっと続いていた。

ギターのアルペジオが美しく響く「this is is this?」を終えたところで、TKと345がステージから去る。ここからはピエール中野の独擅場だ。ライトを一身に浴び、ドラムを使って歌うように、楽しげに叩きまくる。そしてTKと345が戻り、性急なビートの「abnormalize」、345の“JPOP!”の叫びが耳を貫く「JPOP Xfile」、さらに曲間にブレイクを入れず「Telecastic fake show」へとキラーチューンが続く。感極まった観客たちが暴れだし、フロアが右へ左へ大きくうねるのが見える。彼らをさらに挑発するように、ピエール中野が「nakano kill you」で華麗にスティックを回しながら、地鳴りのような轟音を叩き出す。ここにきて、この余裕とパワー!恐るべしだ。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会