ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

桑田佳祐新曲まさかの2位 背景にGENERATIONSの特典戦略

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 桑田佳祐、3年ぶりとなる渾身の新作シングル『ヨシ子さん』がオリコンチャート初登場で、まさかの2位。桑田が1位を獲得できなかったことの衝撃が音楽業界に広がっている。

『ヨシ子さん』は6月29日に発売された、桑田通算16枚目のシングル。収録の4曲はCMなどでも使用され、1曲ずつをシングルで販売してもよいほどのものだ。

 シングルのタイトルソング『ヨシ子さん』はWOWOW開局25周年記念のCMソング。缶コーヒー「UCC BLACK無糖」のCMで桑田が熱唱しているのが『大河の一滴』だ。『愛のプレリュード』はJTBのCMソングで、『百万本の赤い薔薇』は『ユアタイム~あなたの時間~』(フジテレビ系)のテーマソングと、超豪華なラインナップだ。

「ベテランの人気アーティストである桑田が内容の充実したシングルを出すのであれば、発売日でのオリコンチャート1位獲得は既定路線と思われていました」(音楽業界関係者)

 ところが、7月5日にオリコン週間シングルランキングが発表されると、思わぬ番狂わせが起きていた。

 その週、桑田からチャート1位の座をもぎとったのは、ダンスグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」による12枚目のシングル『涙』。同グループは、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いを誇るEXILEグループの一角をしめる、白浜亜嵐をリーダーとする男性7人組だ。

 だが、いくら人気上昇中の彼らとはいえ、桑田のキャリア、知名度と比べると、まだまだ及ばないのもまた事実。しかも、GENERATIONSのファンは女子中高生から20代前半の女性がメイン。この世代はCDを聞くこと自体が少ないとされ、したがって音楽コンテンツはCDではなく、ダウンロードで手に入れるファンが多い。そして、CDの実売をカウントするオリコンランキングでは、ダウンロード数は順位には反映されない。

 なぜGENERATIONSは桑田を抑えて1位になったのか。

「6月28日までの売り上げ、つまり予約の段階で桑田とGENERATIONSの間に圧倒的な差がついたんです。発売2日目からは桑田が巻き返しましたが、1位には届かなかった」(大手レコード会社関係者)

 チャートの詳しい数字を見てみよう。発売日前日、6月28日の時点で桑田によるシングルの予約枚数が36664枚、GENERATIONSは81172枚だ。発売日、29日の売り上げは桑田が15244枚、GENERATIONSは4335枚。発売日以降は桑田がGENERATIONSに毎日、販売枚数で3倍以上の差をつけたのだが、週の合計では桑田が81262枚に対しGENERATIONSは93928枚、圧倒的な予約枚数がGENERATIONSの週間ランキング1位獲得をもたらした。

 では、なにが若年層女性をメインとするGENERATIONSのファンたちをしてシングルを大量に予約させたのか。

「勝因は予約特典のスクラッチカードです。オフィシャルサイトやLIVE会場でシングルを予約してカードを入手、アタリが出ればメンバーにバックステージ(楽屋裏)で会って記念撮影ができるというものです。たとえばAKB48の握手券とは違い、購入すれば握手ができるというように、確実に目的を達成できるものではないのです」(別の音楽業界関係者)
 
 となれば、当選を狙って大量に予約する向きが出てくるのも無理はない。実際、ネット上には、バックステージでメンバーに会うために、「私は5枚買った」「10枚買った」という声が溢れている。

 バックステージ狙いのファンによる大量予約がもぎとったチャート1位。熱狂的な桑田ファンでもさすがに購入する CDは1枚だろう。いくら大物であっても、GENERATIONSの熱狂的なファンによる“まとめ買い”にはかなわなかった、というわけだ。

【関連記事】
桑田佳祐 病床から行きつけの料理店のお総菜をお取り寄せ
白濱亜嵐 「EXILEに入ってお弁当が格段においしくなった」
覚えておいたほうがいい韓流アーティスト ZE:A、FTIslandなど

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。