ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

49才女性 夫の美少女フィギュアを売る段取りバッチリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 好きな人にとっては、とんでもなくたまらないものだが、そうでない人にしてみれば、まったく魅力が理解できないという美少女フィギュア。埼玉県に住む女性Kさん(49才)の夫(52才)は、美少女フィギュア収集が趣味。しかし、Kさんは夫への不満をもらす。

 * * *
 趣味は美少女フィギュア収集。ガラスケースに何体もの美少女フィギュアを並べ、暇さえあれば「いいな~」と、ため息をついている。

 イベントはフィギュアの大掃除で、息を止めて1個ずつ取り出して、「いいか。やり方、間違えると塗装が剥げたり、傷んだりするんだぞ~。いいか。気をつけろ」と誰と話しているんだか。

 そして、専用の筆でサラ~、サラ~ッとほこりを払い、ウエットティッシュでこれまたていねいに細かい部分まで。見ていて息が詰まるわよ。

 それだけじゃない。私が部屋から出かけたら、「ちゃんと見てて。オレが居なくなったら、あなたがするんだから」と言ったのよ。

 バカバカしい! 夫が亡くなったら、高額な物は専門店に叩き売り、あとはネット販売って、息子とその日の段取りはバッチリよ。

※女性セブン2016年7月21日号

【関連記事】
特撮フィギュア好き男「少女フィギュア好きと一緒にするな」
フィギュアをゴミに出された夫「燃えるじゃなく『萌える』」
鈴木明子著・羽生結弦や浅田真央の強さの秘密など描く書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP