ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エアコン 30分の外出なら「点けっぱなし」のほうが経済的

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ちょっと外出する時にリビングのエアコンを点けたままにして、「部屋にいないなら、お金がもったいないから電源をオフにして!」と家人から叱られた経験があったりしないだろうか。

 だが、その小言はお門違い。「こまめな電源オフが節電の極意」といっても、エアコンに限れば逆効果となることがあるのだ。家電コーディネーターの戸井田園子氏の解説を聞こう。

「エアコンは稼働させた直後の消費電力が最大になり、約900w(ワット)消費します。安定時の約200wに落ち着くまでに30分~1時間かかる。部屋を外す時間がその程度なら、一旦オフにして再稼働するより、点けっぱなしのほうが経済的です」

 電気代が気になって、暑くて寝苦しい夜なのに何度もエアコンを点けたり消したり。そのため熟睡できずに寝不足──そんな悪循環に陥っている人には朗報だろう。

※週刊ポスト2016年7月15日号

【関連記事】
エアコン・冷蔵庫は焦って買わずに1月まで待ったほうがいい
黙殺された野村総研の“TV消せばエアコンの1.7倍節電”報告
エアコンはこまめにオンオフしないほうがお得 炊飯器は逆

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP