体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタディサプリ一流講師が提案! 圧倒的に効率がいい!夏休み受験勉強法【堺義明先生】

この夏、受験勉強をはじめる高校3年生のきみ。よ~し!受験勉強始めるぞ!!!と意気込んだそのあと、何からはじめました??きみが選んだその1歩目、もしかしたらちょーーっと効率悪いかも…。時間が限られている受験生だからこそ、効率よく勉強をしてほしい。そんな想いから、放課後版編集部は長年受験生を応援し続けてきたスタディサプリの一流講師陣に、夏休みの40日間を使って効率よく受験勉強をする方法を教えてもらいに行ってきました。第2回は数学の堺先生です。勉強法に迷っている人必見です!

後回しにしない!この夏、徹底的に苦手に向き合え!!!

(要するに) 最初の2週間は苦手な問題をやる 残りの4週間は過去問で自分の実力を知る 勉強の配分も苦手の原因も…とにかく〝分析せよ!〟

まずは苦手から!勉強は濃淡をつけてやるべき

Q.ズバリ、高3の夏休みの40日間をどう使うのがよいでしょうか?

これまでに受けたテストや模試の中で、解くのに時間がかかる、もしくはこの問題がテストに出たら嫌だなと感じた問題があると思う。僕が君たちと同じ受験生なら、夏の前半のうちにそういった苦手な問題を徹底的にやりますね。夏休み40日を週単位にすると約6週。勉強を1週間サイクルにして最初の2週間をこの時間に充てる。具体的には、月~金を苦手克服に使い、土日にそれらの復習をする。とはいえ、2週間で苦手がなくなるわけじゃないだろうから、残りの4週も量は調整していいので、苦手がなくなるまで継続してやる。解答時間は初めは気にしなくていいから、とにかく丁寧に理解できるまで何度も解くといいですね。

徹底的な原因分析!特定なしに克服なし!

Q.苦手から着手するとのことですが、どのように勉強をすすめるのがいいでしょうか?

一言で〝苦手〟といってもいろいろ種類がありますよね。計算が遅いのか、公式を頭から出すのが遅いのか、それとも式を解答用紙に書くスピードそのものが遅いのか。原因がどこにあるのかが分からないと対策のしようがない。だから、自分の苦手がどこにあるのか、また苦手だと感じる原因が何なのかをまず特定するべきですね。たとえば僕の場合、頭の中に公式が出来ているのに、書く量が多くて解答時間がかっていた。だから、暗算を取り入れて3行で書いていたものを1行減らして書くようにした。そうすると必然的に量が減るから解答スピードが上がるよね。これは一例にすぎない。それぞれに苦手の原因があると思うから、まずは事実から目をそむけず、原因を究明してほしい。


夏は失敗を経験しよう!そして冬につなぐ。

1 2次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会