ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

20年ぶりに復活!伝説のヒップホップイベント

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜-木曜の11時30分からの番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)のワンコーナー「HILLS AGENCY」。7月7日のオンエアでは、7月10日に日比谷野外大音楽堂で開催されるヒップホップイベント「さんピンCAMP20」を紹介しました。

今から20年前。1996年7月7日、日本のアンダーグラウンドのヒップホップが日比谷野外大音楽堂に集結した伝説的ライブイベント「さんピンCAMP」。そんな同イベントが今年、20年の時を経て復活します。番組では「さんピンCAMP20」実行委員会チッタワークスの田辺和幸さんに、イベントについて伺いました。

「一言で言いますと、伝説のイベントですね。20年前、シーンも何もなかった日本語のラップを世に知らしめたと言いますか、一つ確立させた語り草になっているというイベントです」(田辺さん)

そして、今年の「さんピンCAMP20」には、ANARCHY、D.O、般若、NORIKIYO、OZROSAURUS、THE OTOGIBANASHI’S、漢 a.k.a. GAMI、サイプレス上野とロベルト吉野、田我流 feat. stillichimiyaなど、活躍中の数多くのHIP-HOPアーティストが参加します。

「ヒップホップシーンの中ではすごく意義のある、意味のあるものなので…。それに恥じないと言うと大袈裟なんですけど、それに見合ったパフォーマンスをしてもらえるように、僕らは一生懸命運営して、いいイベントにできればいいかなと。お客さんに楽しんでもらえる良いイベントになればいいかなって思っています」(田辺さん)

そして、番組では、「さんピンCAMP20」に出演することとなったRYUZOさんに当時の思い出について伺いました。

当時、19歳だったRYUZOさんは、「その頃、僕のアイドルだった人が全員で出て、会場には見に行けなかったけど、DVDで見てトラウマになった」と明かしました。さらに、「20年前に先輩のラッパーたちがやった伝説的なイベントの名前に恥じないように、僕らもいいライブして、このあとまた20年後にそのライブ見た若いラッパーの子たちがもう一回やろうと思ってくれるようなイベントになればと思っています」と、意気込みを語りました。

さらに「さんピンCAMP20」は、AbemaTVで生放送、生配信されるそうなので、会場に行けない人も是非チェックしてみてください!

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

多摩美出身の「TOKYO HEALTH CLUB」のゆる〜い誕生秘話(2016年06月26日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/tokyo-health-club.html

音楽ジャンルと寿命の意外な関係性(2015年05月22日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2015/05/post-1030.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP