ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「MISIA星空のライヴⅨ」バースデー公演を開催、新曲「SUPER RAINBOW」披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年で開催15年目となる“MISIA星空のライヴ”シリーズの「MISIA星空のライヴⅨ PREMIUM LIVE」が、7月6日、7月7日の2日間、東京・NHKホールにて開催された。

「星空のライヴ」シリーズは、MISIAのライヴシリーズの中でも高い人気を誇っており、生演奏を中心として構成されたMISIAの比類なき歌唱力・表現力を余すところなくダイレクトに堪能する事が出来るライヴシリーズ。

本公演はゴールデンウィークの5月3日〜5日まで3日間限定で開催されたライヴの追加公演として、東名阪にて5公演のみ開催が決定したまさにプレミアムなライヴ。さらに7月7日は、MISIAの誕生日ということで、会場には開場前から全国各地から集まったファンが溢れていた。

ステージには生演奏ならではのバンドセットが並び、さわやかな風が吹き抜けるような草原を思わせる演出が施されている。

華やかなヘッドドレスを身につけた笑顔いっぱいなMISIAが登場すると、これから始まるステージとMISIAの誕生日を祝福する拍手が湧きあがった。王道のヒットソング「BELIEVE」でライヴはスタート。1F席のみならず、2F、3Fまですべての観客が総立ちで歓声を送った。

まるで青空が広がったかのようなブルーの照明が会場を包むと、「陽のあたる場所〜KEY OF LIFE」「Color Of Life〜Re-brain」と豪華メドレーが続き、MISIAの名前を呼ぶ声が会場に響き渡る。その後も「つつみ込むように…」「眠れぬ夜は君のせい」、そして「オルフェンズの涙」など、大ヒット曲が続いていく。

途中、「7月7日に因み、会場にて200枚のみ限定販売されているオリジナルアルバム『LOVE BEBOP』のアナログ盤に、7枚だけサインを入れました!」と話すファンサービス旺盛な一幕も。ライヴ会場で連日長蛇の列を作り限定販売されている商品をめがけ、この日もプレミア商品を買い求めるファンが多くみられた。

ライヴが中盤に差し掛かると、会場の雰囲気はしっとりしたムードに。東日本大震災が起こった後のライヴで披露したという「明日へ」の紹介とともに、MISIAが「これからも皆でともに生きていきたいという想いをこめて歌います」と語ると、会場にはすすり泣く声も。

その後は「星の銀貨」や「幸せをフォーエバー」「THE GLORY DAY」などが続けて披露され、圧倒的な音楽のパワーを見せつけながら本編が終了した。

鳴りやまない歓声の中、ふたたびMISIAが登場しアンコールがスタート。「Oh Lovely Day」「あなたにスマイル:)」でオーディエンスを盛り上げると、観客は両手を大きく広げMISIAの歌声に聴き入り、会場がたくさんの愛に包まれた。

そしてラストにはなんと、新曲「SUPER RAINBOW」(リリース日未定)をサプライズ披露。新曲にも関わらず、観客は体を左右に揺らし大盛り上がり。会場のボルテージは最高潮に達した。アンコール含む計16曲でバースデーライヴは幕を閉じたかと思いきや、突然会場にバースデーソングが響きわたる。

“星空”が描かれたバースデーケーキと大きなひまわりの花束がサプライズで登場し、MISIAは大興奮。祝福の声援は最後まで鳴りやむことはなかった。

撮影:田中雅也、Aki

セットリスト
1. BELIEVE
2. 陽のあたる場所〜KEY OF LIFE
3. Color of Life〜Re-brain
-MC-
4. つつみ込むように…
5. 真夜中のHIDE-AND-SEEK
6. THE BEST OF TIME
-MC-
7. 眠れぬ夜は君のせい
8. オルフェンズの涙
-MC-
9. 明日へ
-MC-
10. 星の銀貨
11. HOLIDAY〜We are the music
12. 幸せをフォーエバー
13. THE GLORY DAY

アンコール
14. Oh Lovery Day
15. あなたにスマイル:)
-MC-
16. SUPER RAINBOW(新曲・リリース日未定)

関連リンク

MISIA オフィシャルサイトhttp://www.misia.jp/
MISIAオフィシャルYouTubeチャンネルhttp://www.youtube.com/channel/UCzPBIyFM_VyXgG9At-1Il4Q

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP