ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

aiko、アニメ映画『聲の形』主題歌タイトルは「恋をしたのは」に決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在最新アルバム「May Dream」を引っさげて、ライブツアー「Love Like Pop vol.19」を開催中のaiko。先日、9月17日に公開となるアニメーション映画『聲の形』の主題歌を担当することが発表されたが、このたび、オフィシャル・モバイルサイト 「Team aiko」の会員向けサービス“aikoメール”にて、主題歌のタイトルが「恋をしたのは」になることがaiko本人より発表された。

元々原作の大ファンだったaiko。先日、主題歌を担当することが発表になり、その直後に行われたライブ「Love Like Pop vol.19」大阪フェスティバルホールの公演では、オーディエンスより「主題歌おめでとう!」の声が。それを受け、「『聲の形』っていう漫画が映画化されることになって、その主題歌にaikoさんでお願いしますってお話をいただいたんやけど、その前からずっとその漫画が大好きで。大阪のZEPPで最近どんなマンガ読んでる?って聞かれたときに、一巻まるまるストーリーを全部聞いてもらって」と前回のライブハウスツアー「Love Like Rock vol.7」大阪公演でのエピソードを話し、「どうしよう…って今から緊張していて。頑張って作っているので出来あがったときは是非とも聞いてやって下さい。本当にすごくいい作品なので、みんなに絶対観て欲しいです!」と喜びの声を届けた。

「聲の形」は『週刊少年マガジン』にて2013年〜2014年に連載された大今良時の漫画。『このマンガがすごい!2015』オトコ編第1位、第19回「手塚治虫文化賞」新生賞など数々の賞を受賞するなど幅広い層に支持され、全7巻の累計発行部数250万部を突破している大ヒットコミックス。監督はTVアニメ「けいおん!」で初監督を務め、『たまこラブストーリー』(14年)にて文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門新人賞を獲得した、京都アニメーションに所属する山田尚子。声優には、多数の作品で活躍する人気声優の入野自由と早見沙織らが集結。

楽曲のリリース日などの詳細は未定となるが、本日正午に、「恋をしたのは」の楽曲がのせられた映画『聲の形』の予告編映像が解禁となる。

映画情報
映画『聲の形』
9月17日(土)新宿ピカデリー他 全国ロードショー
キャスト:石田将也:入野自由/西宮硝子:早見沙織
原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)
監督:山田尚子 脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄 色彩設計:石田奈央美
設定:秋竹斉一 撮影監督:髙尾一也
音響監督:鶴岡陽太 音楽:牛尾憲輔
主題歌:aiko「恋をしたのは」
音楽制作:ポニーキャニオン アニメーション制作:京都アニメーション
製作:映画聲の形製作委員会(京都アニメーション/ポニーキャニオン/朝日放送/クオラス/松竹/講談社)
配給:松竹
©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会
公式サイト:http://koenokatachi-movie.com

関連リンク

■aiko official websitehttp://aiko.com
■aiko official YouTubehttp://www.youtube.com/user/aikoOfficial
■aiko official on Twitter@aiko_dochibi
■aiko official Facebookhttps://www.facebook.com/aiko
■aiko 公式LINEアカウントLINE ID:@aiko

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP