ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京湾クルーズ ここ3年で人気急上昇、増便も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今、全国で個性的な船のツアーが続々登場している。都内近郊を巡るバスツアーの船イベントが好調と言うのは、はとバス広報の相田佳愛さんだ。

「なじみのある街も、船から見ると景色が変わり、ガイド付きだと街の歴史も知ることができ、感動するお客さんも。夏の夜は、風情のある屋形船が相変わらず人気です。高級なイメージのレストラン船にも手頃なプランが増えています。歩かずに広範囲の旅ができ、飲食可能な場合も。ご両親連れで参加されるかたも多いですね」(相田さん)

 5年前から日本橋近辺の周遊を運営する東京湾クルージング・代表の島田誠一さんは、「ここ3年で人気が高まり、増便しています。船の発着地である日本橋は交通の便もよく、東京駅から近いので、移動の前後のすき間時間に乗る国内外からの観光客も多いですね」と語る。

 船は自由席の場合が多いので、早めに乗り場に行ってベストな席を確保したほうがいいだろう。もちろん、双眼鏡やカメラも忘れずに持参しよう。

たとえば、「日本橋クルーズ」(日本橋・隅田川 45分コース)では、東京・日本橋を起点に、隅田川が流れる佃島界隈までを周遊するツアー。13の橋の下をくぐり、次々に変わる景色に合わせてガイドさんが橋や街の歴史などの豆知識を解説してくれる。

 乗船人数は40人乗りと61人乗りの2種類。日本橋のたもとで当日の乗船の申し込みをする。個人乗船受付は当日で、受付時間は日によって異なるので、ネットで確認を。船内はトイレがあり、子供連れでも安心だ。

 隅田川にかかるいくつもの橋の下をくぐる。中には頭上ギリギリの高さの橋もあり、迫力満点! 橋を通る人に手を振ったり、ふだん見られない景色に、子供たちも大はしゃぎ!

 国の重要文化財の日本橋を起点に都心の橋を巡るミニクルーズを楽しむ、蛯名愛美さんと美月ちゃん、凛桜ちゃん母子に密着。船に屋根はないが、麦わら帽子を無料で貸してもらえるので紫外線対策は安心だが、熱中症対策は忘れずに。

実施日:ほぼ毎日
所要時間:45分
出発地:日本橋船着場
巡る場所:日本橋川~隅田川
料金:1500円
会社名:東京湾クルージング

※女性セブン2016年7月21日号

【関連記事】
震災、空襲でも壊れなかった日本橋 最大の景観打撃は首都高
速水もこみち オリーブオイルならぬ「ふりかけ」をかける
おでんのお多幸本店 大正時代の濃い目の味を今も守り続ける

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP