ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スタンリー・キューブリック監督の娘が月面着陸の陰謀説に対して言及

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スタンリー・キューブリック監督が指揮した最大のプロジェクトは、1969年のアポロ11号の月面着陸である、と陰謀論者たちは唱えてきた。

数十年間、反主流派のグループは、米国政府がキューブリック監督を雇い、“偽の月面着陸”を撮影させたと訴えていた。現在、NASAの木星探査機ジュノーが今週中に木星へ到達すると期待される中、キューブリック監督の娘ヴィヴィアンは、「今が反応するのに良いタイミングだと思う」と、Twitterでコメントした。

ヴィヴィアン・キューブリックは、「歴史上、多くの本物の陰謀が存在してきました。でも、月面着陸は嘘で、私の父が撮影したですって?そんなの意味が分からない!!?」と綴った。




ヴィヴィアンは、「私の父が米国政府と共謀して、“偽の月面着陸”を撮影したという“真実”と呼ばれる意地悪な考えがいつまでも消えませんが、それが奇怪な嘘であることは明白です」と、付け加えた。

ヴィヴィアンは、映画『シャイニング』の撮影現場でキューブリック監督と一緒に仕事し、同作の裏側を撮影したメイキング映像を製作した。陰謀論者たちは、(キューブリック監督が)映画の中に手掛かりを残すことで偽の映像を撮影したと認めた、と主張していた。その1つが、ダニー・ロイドがアポロ11号のセーターを着ていたことだ。

陰謀論者たちがそのアイデアを立証してきた歩みは、ロドニー・アッシャー監督の映画『ROOM237』、アントワーヌ・バルドー=ジャケ監督の映画『ムーン・ウォーカーズ』といった作品の中でよく引証されている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP