ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンダーヘアの処理は当たり前の欧米 しかし腕毛は放置も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 肌を露出する機会が増える夏。女性にとってはムダ毛が気になる季節だ。ムダ毛処理というと、日本では、腕や脚、わきなどが中心。だが、アメリカではアンダーヘアの処理が重要視されており、国が違えば気にするパーツも異なるのだ。

 世界の女性はムダ毛処理をどうしているのか? 生活美容ジャーナリストの山岸敦子さんに聞いた。

「アメリカでは、アンダーヘアの脱毛は当たり前。デリケートゾーンを清潔に保てるというので、ここ数年、日本でも注目の『ブラジリアンワックス』が人気です。

 日本では昔から剃毛の文化があり、カミソリでわきや脚の毛をそりますが、欧米ではワックス脱毛が主流。カミソリでそることはほとんどありません。体毛が薄い茶色なので目立ちにくく、アンダーヘアの処理にはこだわるのに、腕やわきの毛は放置している人も多いんです。

 バレーボールの試合中、前衛で両手をあげて構えている海外選手のわき毛がボーボーで、日本人選手が集中できなかった、なんてエピソードもあるようです(笑い)」(山岸さん)

※女性セブン2016年7月21日号

【関連記事】
加齢でアンダーヘア減少女性 Vゾーン植毛300本52万5千円
アンダーヘアサロン経営者「処理方法一番人気はオールオフ」
50分7500円 美人記者が噂のブラジリアンワックス脱毛体験

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP