ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外から人気の広島、斎藤工表紙の広島パンフがすぐ品切れ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 もはや王者の風格すら漂ってきた──2位とのゲーム差をどんどん広げ、首位を独走する広島カープの好調ぶりだけではなく、観光地、食、出身芸能人に至るまで今全国、そして世界から広島にアツい視線が注がれている──。

 広島カープといえば、赤やピンクのかわいいユニフォーム姿で応援する「カープ女子」が話題だが、地元・広島ではすべてがカープ一色。

 カープの試合のテレビ中継は常に視聴率30%超え。時に50%にも達するというから驚異的。すごすぎる人気の秘密を、『広島はすごい』(新潮新書)の著者で日本経済新聞広島支局長の安西巧さんはこう解説する。

「カープは12球団の中で唯一の“市民球団”。他球団は巨人なら読売新聞、阪神は阪神電鉄というように“親会社”があって赤字の時は助けてもらっていますが、カープには大企業のバックがない。ファンが積極的に球場に行ったりグッズを買ったりして支えるしかないんです。だから地元民には“おらがチームを応援するぞ”という気持ちが強い。地元を離れた後でもカープを応援し続ける人が多いんです」

 とくに2009年にマツダスタジアムがオープンしてからは、観客数が急増した。

「バックネットの両脇に、目の高さがグラウンドと同じになるよう、深く掘りこんだ席や、寝そべって観戦できる席を作ったり。面白い工夫がいろいろあるし、旧市民球場に比べトイレも格段にきれい。“カープ女子”が増えたのも、マツダスタジアムのおかげです」(安西さん)

「昔の球場は、野次も飛び交っていたしファンもおやじが多かったから、今の“カープ女子”はちょっとうらやましいですね」と振り返るのは、1994年のドラフトでカープ初の「逆指名選手」として入団し、翌年新人王を獲得するなど大活躍した山内泰幸さん。

「帰ってきた黒田(博樹)投手と若手選手の掛け合いから生み出されるスピード感のある野球が人気の理由。あとは5月はとくにそうでしたが、“サヨナラ勝ち”が多いこと。やっぱり盛り上がりますね」

 そして、広島の盛り上がりはカープだけではない。外国人旅行者向け観光サイト・トリップアドバイザーの『外国人に人気の日本の観光スポットランキング』で、3年連続で2位と3位に平和記念資料館と厳島神社がランクイン。広島を訪れる外国人観光客数は5年連続で前年比100%超、2015年にはついに100万人を突破した。実際、欧米諸国からの観光客数は全国で第5位となっている。

 意外なのは大本山大聖院など、日本人でもなじみの薄いスポットがランクインしていること。同院は弘法大師が開いた古刹で、ハイキングコースになっている。

「海外からのお客さんは“ここにしかないものを見たい”“何かを学んで帰りたい”というかたや、ハイキングなど“自然を歩くのが好き”、というかたが多い。広島はこれらすべてを満たしています」(トリップアドバイザー広報・東真菜さん)

 外国人のみならず、もちろん日本人も魅了されている。俳優の斎藤工(34才)もそのひとり。広島県観光課が発行している無料ガイドブック『広島秘境ツアーズ』の表紙を飾り、中面のインタビューでは「呉市の太陽時間が体に合っている」「“海猿”のロケで訪れた時に食べた冷麺が忘れられない」「原爆ドームは3度訪れている」と広島への熱い思いを吐露。そのパンフレットが大きな話題を呼んだ。広島県観光課の吉野英城さんが嬉しい悲鳴を上げる。

「6月23日のWEB受付では、なんとたった10分で品切れになるくらいの人気ぶりでした。県内では36か所で配ったのですが本当に一瞬でなくなりました。特設サイトも、一時アクセスが殺到しすぎて繋がらなくなるほどです」

※女性セブン2016年7月21日号

【関連記事】
訪日外国人向けサイトの利用者が選定 日本百景を紹介した本
広島市民溺愛のカープうどん 2年前から「全部のせ」が登場
外国人に人気の観光スポット 日本文化体験可能施設注目上昇

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP