ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

画期的な新型入れ歯がいつまでも保険適用にならぬ理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 虫歯や歯周病が原因で歯を失った時、患者の選択肢の一つが部分入れ歯だ。金具のついた入れ歯の場合、金具が触れる部分などに虫歯のリスクが生じることがあるが、そうした不都合を減らせる「新しい入れ歯」もあるのだ。この入れ歯は「ノンクラスプ式」と呼ばれるものだ。

 従来の部分入れ歯についている金具がノンクラスプ式にはない。その代わりに「フィンガー」と呼ばれる、歯肉にあたる部分が両隣の歯の出っ張りに引っかかり固定される。

 一般的な入れ歯は土台部分が硬くて分厚いが、ノンクラスプ式は非常に柔らかくて薄い。入れ歯を使う人が一番嫌がる『口中の違和感』が小さいとされる。

 日本でも2008年から供給されているが、普及が進まないのは、一般的な入れ歯との「費用負担」の違いがある。

 金具のついた入れ歯は保険適用のため、1本あたり数千円の負担で済む一方、ノンクラスプ式の入れ歯は自由診療のため高額になる。自らもノンクラスプ式の「ウェルデンツ」という製品を使用している歯科医の大神京子院長のウエストデンタルクリニックの料金表では、費用は「10万円~」(ウェルデンツの場合)だ。抜いた歯の両隣の健康な歯を削る必要がある「ブリッジ」が保険適用で自己負担1万円程度であることと比べても、費用がこの「新しい入れ歯」の普及のネックになっていることがよくわかる。

 歯科診療報酬早見表の「入れ歯(有床義歯)」の項目を見ると、入れ歯を固定する役割を持つ「鉤部」の素材については14K(14金)、金パラ(金銀パラジウム)、ニッケル、コバルトなど金属しか入っていない。つまり、日本の保険診療では「入れ歯は金具で止めるものでなければならない」と決まっているのだ。ウェルデンツジャパン山田邦博社長はこういう。

「金属を使わない当社の入れ歯に金具の鉤をつければ、そのまま保険適用にできます。ただ、当然ながらそんなことをしても治療には何の意味もありません」

 金具がないのがメリットの入れ歯に対して、「金具をつければ保険適用にできる」という不条理を突きつけるのが日本の歯科医療の現実だ。厚労省保険局医療課の担当者はその理由をこう回答した。

「新しい歯科技術が保険対象に認められるには、関連学会などから上がってくる医療技術評価などを厚労省で審議し、導入する流れになる。ノンクラスプ式の義歯に関しては学会などから提案が上がっていないため議論もしていない」

 審美性の問題や口の中の違和感を理由に入れ歯を忌避し、健康な歯を削るブリッジ治療を選ぶ人も少なくない中で、「金具のない入れ歯」を患者の選択肢として提示することに意味があるはずだが、国は対応していないのだ。

●レポート/岩澤倫彦(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2016年7月15日号

【関連記事】
虫歯リスク減らす新型入れ歯「ノンクラスプ式」の利点
歯のブリッジ治療には「歯を失う負の連鎖」もある
歯の数と認知症の関係 歯が少ないとリスク高まる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP