ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【衝撃の事実】チーズフォンデュを本場スイスで食べてみた結果 / チーズがまったく伸びないんだけど(笑)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
04

チーズ王国スイスで、生粋のチーズ料理・フォンデュを食す
黄金に輝くチーズを、パンや肉にとろーり絡めるチーズフォンデュは、スイス生まれの料理。本場のチーズフォンデュは、日本のそれより、もっとびよ~んとチーズが伸びたり、味わいが濃厚なのだろうか?

チーズ好きの血が騒ぎ、スイスで唯一の五ツ星山岳ホテルの併設レストランへ、筆者(24歳女性)一人で食べに行ってみた。

01

・複数人で食す料理
日本円にして3000円程度のものを注文すると、さっそくサーブされたのがプロシュートやサラミなどの肉系、一口大のバゲット(乾かぬよう、布を被せられる)。

そして10分もせぬうちに、ぐつぐつ音を立てるチーズの小鍋が目の前におかれた。大きな鍋とどっさりの具がきた。祖国でも複数人で食す料理らしい。待ちきれない!! とさっそくディップ!!

02

・チーズは伸びない
「とろける●ーズのイメージ図のようにチーズが伸びるのでは」。フォンデュソースにバケットをじっくりひたし、引き上げると、フォンデュソースがぽつぽつ……と滴る。

それもそのはず、本場でフォンデュソースの原料にはエメンタールチーズというハードチーズとワイン、そのほかスパイス少々を加えて作るものなのだ。びよ~んと伸びる要素となる食材は、入っていない。

03

・ワインとのマリアージュを楽しむべし
またチーズが濃厚というよりは、チーズ使用のさらりとしたホワイトソースにディップする料理という印象だ。チーズを溶かしただけならば、もっと単調な味ですぐ飽きてしまうはずだ。

おすすめは白ワインもあわせてオーダーすること。エメンタールチーズとディップする干し肉などの塩分が、想像以上にきいている。そのため白ワインと共にいただき味わいを調和するのがいい。

05

・無料でフォンデュソースのおかわりも

鍋のソースをさらえるとフォンデュソースを鍋に注ぎ足してくれる。5ツ星ホテルゆえのホスピタリティなのか、本場では当然なのか……。

つける具が無くなって最後はスプーンですくい完食。チーズ好きの筆者の私見だが、本場のフォンデュはチーズの塩分は感じるが、チーズの味は意外としなかった。

もっと詳しく読む: チーズフォンデュを本場スイスで食べてみた結果(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/07/08/cheese-fondue/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。